競馬における歴代最強セン馬ランキングトップ5を話してみた

Pocket

日本競馬における歴代最強セン馬はどの馬なのか?

完全なるMOTOの独断と偏見において

歴代最強セン馬ランキングのトップ5を公開します。

私の競馬愛をたっぷりと込めて話しているので
それが伝われば幸いです。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬ファンの中で必ず盛り上がる話題があります。

 

それは「歴代最強馬はどの馬か?」

というネタ

 

競馬が好きな人はギャンブルだけでなく

ドラマとして競馬を見ていますからね~

そのドラマの主演達である競走馬には思い入れがあります。

 

そんな十人十色の競馬ファンに対して

わたくしMOTOが独断と偏見において

日本競馬における歴代最強セン馬はどの馬なのか?

という話題について語ってみました。

 

そしてランキング形式で

歴代最強セン馬ランキングのトップ5を公開します。

私の競馬愛をたっぷりと込めて話しているので
それが伝われば幸いです。

 

ちなみに歴代最強馬ランキングシリーズについては
別のページでランキングしているので、こちらも是非見て下さい。

歴代最強馬ランキングのトップ10はこれだ

歴代最強牝馬ランキングのトップ10はこれだ

歴代最強ステイヤーランキングのトップ10はこれだ

歴代最強スプリンターランキングのトップ10はこれだ

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

歴代最強セン馬ランキング

第5位 ノンコノユメ

父 トワイニング
母 ノンコ(アグネスタキオン)

戦績 39戦 9勝(GI2勝)
(2021年1月7日現在)

主な勝ち鞍

フェブラリーステークス、ジャパンダートダービー

今も地方に転籍しながらも現役を続けている馬で
GIはフェブラリーステークスを制覇。

ダート馬でありながら、破壊力十分の末脚は
記憶にも記録にも残る馬です。

ただランキング5位にしたのは
14戦目でセン馬になったという点

最も強かった時はまだ去勢していなかったという観点から
今回は5位と順位を下げました。

 

 

第4位 レッドデイヴィス

父 アグネスタキオン
母 ディクシージャズ(トニービン)

戦績 25戦 5勝(GI0勝)

主な戦績

鳴尾記念、シンザン記念、毎日杯

実績としてはちょっと足りない感じはあるのですが
この馬が走ったときは本当に強かったんですよね。

シンザン記念でオルフェーヴルを倒した時は
この馬はGIを総なめにするんじゃないか

と思ったくらいに強い馬でした。

デビュー戦からセン馬として走っており
その気性の荒さ故に1着降着の経験があったり
古馬になってくすぶったりしてしまいましたが

私の中でセン馬といえばレッドデイヴィスです。

 




 

第3位 ホットシークレット

父 ハンティングホーク
母 スダナデシコ(タイテエム)

戦績 39戦 7勝(GI0勝)

主な勝ち鞍

ステイヤーズステークス2勝、目黒記念

セン馬の中でもひときわ目立つ個性派の馬

無尽蔵といえるスタミナを武器に
持久力戦で強さを見せた馬。

テイエムオペラオー、メイショウドトウを
相手に最後まで食い下がった宝塚記念

単勝74倍ながらナリタトップロード以下を
下したステイヤーズステークスが強く記憶に残っています。

ちなみにセン馬になったのは3戦目から

デビュー戦、2戦目は2桁着順と全く競馬になっておらず
セン馬になった3戦目からいきなり未勝利戦を勝ったあたり
気性的にかなり大きな問題を抱えていた事が分かりますね。

 

第2位 マグナーテン

父 Danzig
母 マジックナイト(Le Nain Jaune)

戦績 37戦 12勝(GI0勝)

主な戦績

毎日王冠、AJCC、関屋記念

GI勝ちこそありませんでしたが
古馬になって本格化してからは
セン馬とは思えない安定感を見せて重賞戦線で活躍した馬です。

卓越したスピードでゴールまで駆け抜ける姿は圧巻で
エイシンプレストン、サンライズペガサス、ダンツフレーム以下を
完封した毎日王冠はかっこよかったですね。

ちなみにマグナーテンは7戦目からセン馬になっており
未勝利戦を勝ったのはセン馬になってからです。

6歳(当時の表記は5歳)の時点で未勝利だった馬を
諦めずに育てた藤沢厩舎に感服です。

 



 

第1位 レガシーワールド

父 モガミ
母 ドンナリディア(ジムフレンチ)

戦績 32戦 7勝(GI1勝)

主な戦績

ジャパンカップ

私が競馬を見始めた頃にジャパンカップを勝った馬

ですので、ジャパンカップ以前の走りを
ちゃんと見られていないのですが
圧倒的な人気だったコタシャーンを下した勝ったジャパンカップ
トウカイテイオーやライスシャワーが出走した有馬記念で2着

これらの実績はセン馬の中では一枚抜けており
文句なくセン馬の中でナンバーワンの存在だと言えます。

ちなみにレガシーワールドは6戦目でセン馬になっており
未勝利戦を勝ったのもセン馬になってからでした。

夏にセン馬になってから押せ押せで出走して
その一年の成績が【6.2.1.1】
(有馬記念2着、ジャパンカップ4着含む)

信じられないくらいに出走しているローテーションは
現代競馬との違いを感じますね。

 



 

まとめ

ここではMOTOが選ぶ歴代最強セン馬について話をしていきましたが

未勝利戦を勝つ前にセン馬になる馬って
ほとんどいなくなったなぁ

という事がわかってきますね。

5位にランクインしたノンコノユメ以外にも
ある程度実績を残してからセン馬になった馬は結構いたりします。

ダンビュライト
コパノキッキング
ダイワキャグニー
アストラエンブレム

生粋のセン馬ではないとちょっとイメージが弱くなってしまいますね。

 

ここにランクインしなかった馬でも

マーベラスクラウン
トウカイポイント
ケイワンバイキング

などなど、思い入れの深い馬がたくさんいるのですが
今回はトップ5という括りだったので、泣く泣く除外しました。

きっとみる人によってはランキングは変わってくると思うので
このランキングを見た方は自分のランキングを作ってみて下さい。

楽しいですよ~。

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング