歴代最弱GI馬ランキング!最も弱いのGI馬はどの馬だ!?

Pocket

日本競馬における歴代最弱のGI馬はどの馬なのか?

完全なるMOTOの独断と偏見において

歴代最弱GI馬ランキングのトップ10を公開します。

私の競馬愛をたっぷりと込めて話しているので
それが伝われば幸いです。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬ファンの中で必ず盛り上がる話題があります。

 

それは「歴代最強馬はどの馬か?」

というネタ

 

競馬が好きな人はギャンブルだけでなく

ドラマとして競馬を見ていますからね~

そのドラマの主演達である競走馬には思い入れがあります。

 

そんな十人十色の競馬ファンに対して

わたくしMOTOが独断と偏見において

敢えて最強馬と逆をいく

日本競馬における歴代最弱GI馬はどの馬なのか?

という話題について語ってみました。

 

そしてランキング形式で

歴代最弱GI馬ランキングのトップ10を公開します。

(2歳戦は除いています)

私の競馬愛をたっぷりと込めて話しているので
それが伝われば幸いです。

 

ちなみに他の歴代最強馬ランキングシリーズについて
別のページでランキングしているので、こちらも是非見て下さい。

歴代最強馬ランキングはこれだ

歴代最強牝馬ランキングはこれだ

歴代最強ステイヤーランキングはこれだ

歴代最強スプリンターランキングはこれだ

歴代最強ダート馬ランキングはこれだ

歴代最強GI未勝利馬ランキングはこれだ

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

第7位~第10位

第10位 ビートブラック

父 ミスキャスト
母 アラームコール(ブライアンズタイム)

戦績 34戦 6勝(重賞1勝)

主な戦績

天皇賞春

オルフェーヴルが国内で唯一大敗した天皇賞春を
単勝万馬券で颯爽と駆け抜けたビートブラック

天皇賞春以外は重賞勝ちはなく
馬券に絡んだのも京都大賞典の2着のみ

天皇賞春も穴馬が勝つ典型的な展開で
「幸運を引き寄せたな」というレース内容でした。

 

 

第9位 アロンダイト

父 エルコンドルパサー
母 キャサリーンパー(Riverman)

戦績 16戦 5勝(重賞1勝)

主な勝ち鞍 

ジャパンカップダート

日の出の如く上昇して、流星の如く落下していったなという印象の馬です。

条件戦を連勝して勝ち上がって、一気にGIの頂に立ったときは
これからアロンダイト時代が続くのかなと思いましたが
ジャパンカップダートで燃え尽きてしまったようです。

不思議だなと思いましたが、馬も生き物ですからね。

 

 

第8位 タイキフォーチュン

父 シアトルダンサーII
母 パテントリークリア(Miswaki)

戦績 15戦 4勝(重賞2勝)

主な戦績 

NHKマイルカップ、毎日杯

初代NHKマイルカップの勝ち馬。

「外国馬の為のダービー」という異名をつけられて
1分32秒4という好時計で勝った時は衝撃でしたが
その後は鳴かず飛ばず。

落馬したり、踏んだり蹴ったりだっただけに
一発屋のイメージが強い個性派の馬です。

 

 

第7位 ヴィクトリー

父 ブライアンズタイム
母 グレースアドマイヤ(トニービン)

戦績 16戦 3勝(重賞1勝)

主な戦績

皐月賞

皐月賞では田中勝春騎手のGI連敗記録を止め
サンツェッペリンと共に大波乱の決着を生んだヴィクトリー

とにもかくにも気性の激しい馬で、皐月賞で大駆けをした後は
日本ダービーも菊花賞も惨敗。

その後も馬券に絡むことはなく引退していきました。

爆笑問題の田中さんがヴィクトリーが勝った皐月賞で
700万馬券を当てたのも話題になりましたよね。

 




 

第4位~第6位

第6位 ブゼンキャンドル

父 モガミ
母 ブゼンスワン(アスワン)

戦績 27戦 4勝(重賞1勝)

主な勝ち鞍 

秋華賞

3歳夏以降に力をつけてローズステークスで3着と権利を獲り
秋華賞で障害最大の煌めきを見せたブゼンキャンドル

秋華賞では有力馬が前で消耗し合った中
最後方からの直線強襲で差してきましたが
残り50mくらいまでテレビ画面に映らず
映ったと思ったら、急にやってきて勝ちをさらいました。

GI馬なのに障害に転向したのも話題になりましたね。

 

 

 

第5位 スリーロールス

父 ダンスインザダーク
母 スリーローマン(ブライアンズタイム)

戦績 12戦 4勝(重賞1勝)

主な戦績

菊花賞

デビュー戦ではブエナビスタ、アンライバルド、リーチザクラウンに
囲まれ伝説の新馬戦と呼ばれたレースで4着

常にオープンクラスのレースではじき飛ばされ
2勝クラス勝利から菊花賞に出走してまさかの勝利。

次走の有馬記念では競走中止となって引退となったので
どこまで弱いのか(強いのか)は未知の部分がありますが
イメージとしては弱いまま止まっていたので6位にさせて貰いました。

 

 

第4位 ロジック

父 アグネスタキオン
母 エイプリルドラマ(サクラユタカオー)

戦績 23戦 3勝(重賞1勝)

主な戦績

NHKマイルカップ

歴代の武豊騎手の騎乗の中でもトップ3に入るくらいに
騎手の腕で勝利を収めたロジック

この勝利で全てを出し切ってしまったせいか
その後は凡走が続き、見せ場無く引退

武豊騎手の騎乗を見る感じだと
本来GI馬になるはずではなかった馬が
無理矢理GI馬になったという印象があったので
今回の順位になりました。

 

 

第1位~第3位

第3位 ビッグウィーク

父 バゴ
母 タニノジャドール(サンデーサイレンス)

戦績 26戦 5勝(重賞1勝) 

主な戦績

菊花賞

ここからはどの馬も史上最弱のGI馬と
言われてもおかしくないほどの戦績の馬が並びますが

ビッグウィークは特殊条件である菊花賞で一発をかまして
その後は低迷、最後は障害馬として競走成績を終えた馬です。

菊花賞もローズキングダム以外の強者が全て
出走しなかったことで、勝った印象。

そもそも重賞を勝ち負け出来る力もなかったのかなぁと思います。

 

 

第2位 マイネルホウオウ

父 スズカフェニックス
母 テンザンローズ(フレンチデピュティ)

戦績 28戦 4勝

主な戦績

NHKマイルカップ

「マイネル」の冠にスズカフェニックス産駒と
GIには全く無縁な雰囲気が漂うマイネルホウオウですが
稀に見る低調なメンバーが揃ったNHKマイルカップで
見事に生涯一度の大輪の花を咲かせました。

古馬になってからは自らの能力通りに
オープンクラスでたまに馬券に絡む程度の走りをみせ

最後はオープンのキャピタルステークスで
18番人気(単勝419倍)で18着という戦績でフィニッシュしました。

 

 

第1位 レインボーダリア

父 ブライアンズタイム
母 アローム(ノーザンテースト)

戦績 34戦 6勝(重賞1勝)

主な戦績

エリザベス女王杯

並み居る最弱GI馬候補の中で
唯一オープンクラスで一度も3着に入っていないのが
エリザベス女王杯勝ち馬のレインボーダリアです。

エリザベス女王杯は非根幹距離に加えて馬場悪化
という波乱度の高い最高の舞台で勝利

GIの神に愛されていたとしか言えない
世紀の下克上と言える勝利だったと思います。

 



 

まとめ

ここではMOTOが選ぶ歴代最弱のGI馬について
話をしていきましたが、上位ランキングは
歴代最強馬と違って選ぶ人によってマチマチになるんじゃないかなぁ

と思っています。

弱い馬でもタイミングが合えば
強い馬を負かしてGIを獲ることが出来る。

こんな事実があるからこそ競馬は面白いと思います。

これからも出現するであろう最弱GI馬候補に注目です。

 

ちなみに、ここのランキングからは泣く泣く外しましたが
それ以外でも候補はいました。

ショウワモダン
シルクプリマドンナ
コイウタ
クラリティスカイ
キャプテントゥーレ
レジネッタ
ウインクリューガー
クイーンスプマンテ
チアズグレイス

このあたりも十分にランクインするだけの資格を持っていますよね。

きっとみる人によってはランキングは変わってくると思うので
このランキングを見た方は自分のランキングを作ってみて下さい。

楽しいですよ~。

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング