レッドオーヴァルの特徴・スプリント能力とGIへの可能性を読む

Pocket

ディープ産駒は1400m以下のレースに弱いという印象がありますが
その中でスプリント路線で活躍している馬と言えば

レッドオーヴァル です。

この馬の特徴をしっかりと捉えて、GIへの可能性を考えると共に
レースでの馬券検討に役立てていきましょう。

馬のタイプですが、当初は瞬発力を売りにしていましたが
年齢を重ねる事に推進力のある末脚に転嫁していきました。

レッドオーヴァルのそもそもの武器はスピードではなく
パワーであるという事が影響しています。

それゆえに京都や小倉などの平坦な直線のレースよりも
阪神や中山といった坂のあるレースの方に適性があります。

GIの舞台は中山、中京なのでその点は恵まれていますね。

距離は1400mまではこなせます。

3歳時は1600mで走っていましたが
今はスプリンターとして完成したので
距離を伸ばして持ち味が発揮出来なくなってしまいました。

脚質は「差し」という戦法に終始していますが
短距離馬であるという点と末脚のタイプから
先行しても良いレースは出来ると考えられます。

逆に追い込みだと差しても届かずという内容になり厳しいです。

馬のタイプとしては、気持ちが強く出ているタイプなので
気持ちが折れるような状態で出走すると全く走りません。

重馬場・不良馬場なども苦しいでしょう。

馬券購入のタイミングとしてはレッドオーヴァル自身の体調が良いとき
状態が整っているときに買っておきたい馬です。

逆に不調期からの一変は望まない方がいいでしょう。

能力面で考えるとGIでも馬券に絡んでいるように
展開やレッドオーヴァルの能力が全開になるようなレースなら
十分にGI取りのチャンスはあります。

内枠でじっと脚を溜めて、抜け出すような競馬が見られるといいですね。

以上です。

ここでは馬の分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。