ほとんどの人が知らない『競馬で勝つ方法』とは?

「ハーレム競馬」の予想は本物です。

何より無料予想がマジで使えます。
とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

5レースほど試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

LINE or メルアド登録だけで本日から利用でき、何回使っても費用はかかりません。

 

 

Pocket

競馬好き・馬券好きにとって永遠の課題である

「競馬で勝つ」という事。

ここでは競馬に勝つにはどうすれば良いのか

というテーマについて話をしてみたいと思います。

馬券で勝つという事を考えたときに
最も大切にしなくてはいけないものが「回収率」です。

ここをまず理解しておきましょう。

そこを踏まえてズバリ馬券に勝つ方法を一言で言いましょう。

それは…

『期待値の高い馬を買い続ける』

という事です。

これが結論です。

そしてこれと同じような事が他のブログでも話されています。

だけれども

「期待値の高い馬ってどうやって探すの?」

という事については誰からも語られていません。

これでは何も言っていない事と同じですね。

なので、ここではもう少し踏み込んだ話をしたいと思います。

期待値の高い馬を探すのには2つの方法があります。

○馬の能力、枠順、馬場適性などから不当な人気の馬を探す

○人気と比較して好走率の高いパターンを見つける

1番目については馬を見る目やコース適性を学ぶことが必要になり
かなり深いところまで競馬を見ないと判断できないので
今日覚えて明日使えるというノウハウではありません。

ただ、2番目については深さがなくても覚えることが出来ます。
(覚える事は少なくありませんが…)

必要な要素の一例を挙げていきましょう。

<人気馬からの馬券は極力買わない>

1番人気の馬は勝率・連対率・複勝率全てにおいてナンバー1です。
ですが、期待値という点ではナンバー1ではありません。

なぜこのような現象が起きるかというと
人気馬には実際の好走率以上に人気が集まるからです。

期待値の高い馬を買うのに人気馬は極力買わないという事が必要となります。

<極端な大穴狙いは避ける>

先ほどは人気馬が人気と見合っていないという話をしましたが
単勝50倍を超えるような馬は上位人気馬以上に人気に見合いません。

極端な大穴は狙わないように心がけましょう。

<前走勝った馬を疑う>

レースでの人気を一番左右するのは「前走成績」です。
前走勝てば人気になりやすくなり、
前走負ければ人気を失いやすいのは
競馬をやったことがある人なら経験がある事でしょう。

実際に回収率という点で比較してみても

前走1~3着馬よりも前走5~9着馬の方が
高い回収率を記録しています。

前走勝ったからと安易に印をつけない事が大事です。

と、3つの要素をお話ししましたが
これ以外にもたくさん要素はあります。

また「馬の能力、枠順、馬場適性などから不当な人気の馬を探す」事が
出来るようになると好走率の高いパターンを見つけるよりも
効果的に回収率を上げることが出来ます。

これらについては私のメールマガジンでお話をしています。
登録は無料ですし、1分もかからず出来ます。

馬券で勝ちたいと思った方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

PR
根岸ステークス2024無料予想公開中!!

先週のAJCCはスマッシュヒット!!

◎中山11R アメリカJCC
三連複10点500円[33.2倍]的中
[払戻額]16,600円[回収率]332%

2023年秋の予想も絶好調でした!

◎京都11R マイルチャンピオンシップ
三連複10点500円[309.3倍]的中
[払戻額]154,650円[回収率]3093%

◎阪神11R 阪神JF
三連複10点500円[36.8倍]的中
[払戻額]18,400円[回収率]368%

全て無料予想で破壊力十分の的中!!

─────────────────────
2024年8~12月は毎月プラス収支を記録!!
━━━━━━━━━━━━━━

混戦の根岸ステークスも自信の買い目で公開中!!

5頭に絞って10点勝負の買い目!
あの人気馬を外して、爆発力十分の馬券です

是非、中身を見て確かめてください。

根岸ステークス2024予想は無料公開中なので、
以下をクリックして予想をチェックして下さい。

根岸ステークス2024買い目はコチラ

メールアドレスだけ(約30秒)で無料登録出来ます。

買い目を確認してから馬券を買って下さい(登録無料)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。