シンザン記念で朝日杯フューチュリティステークス組が活躍する条件とは?

Pocket

今週は変則開催となり、日曜日には
シンザン記念、フェアリーステークスと
2つの3歳重賞が行われます。

その中でもシンザン記念を的中させるべく前走別の成績から
好走している馬の傾向を掴んでいきましょう。

主な前走別成績を見てみると

    単回収 複回収 複勝率 頭数
フューチュリティS 64% 59% 33.3% 21頭
未勝利 45% 48% 18.8% 16頭
500万 165% 131% 28.6% 28頭
千両賞 281% 180% 37.5% 8頭

GI朝日杯フューチュリティステークスからの臨戦がメインとなりますが
質・量ともに成績の良い500万経由の馬も見逃せないので
この2レースでどんな馬が活躍しているのかを見てみましょう。

まずは朝日杯フューチュリティステークスから見てみましょう。

朝日杯は阪神で行われるレースなので
坂を超えて伸びるだけのパワーが必要となりますが
シンザン記念は平坦の京都でのレースなので
スピードが優先されます。

ですので、馬体の軽い馬は巻き返しが可能です。

479kg以下という条件で絞ってみると

(単回収84%、複回収80% 複勝率41.7%) 12頭

全体的に成績は上向いてきます。

あとは地力面。

GIで上位に入る馬は当然G3でも実力上位の馬なので
朝日杯での着順をそのまま信用すべきです。

前走5着以内という条件を加えてみると

(単回収252%、複回収130% 複勝率75%) 4頭

とかなり信頼できる数字になってきます。

「能力とスピード競馬への適性」

ここが焦点となりますね。

次に500万条件から挑む馬達を見ていきたいと思います。

シンザン記念が内枠有利、前残り傾向にあるレースなので
クラスが上がってペースが速くなっても対応できる先行力が必要になります。

前走4角6番手以上という条件で絞ってみると

(単回収257%、複回収185% 複勝率38.9%) 18頭

単複回収率は非常に優秀な結果になりました。

ただ、率としてはそれほど高い数字ではありません。

率が低いのに、回収率が高いという事は穴馬が台頭しているという事。
穴馬の条件である「順調さを欠けた馬」という点で見てみます。

前走3着以下、つまり連対を外した馬という条件を加えてみると

(単回収407%、複回収275% 複勝率45.5%) 11頭

と馬券を買うに値する高い数字を見せます。

500万経由の馬は先行力のある穴馬を狙っていきたいですね。

以上です。

今回の話とは別に馬券の回収率を上げるための方法は
私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。