競馬予想でカモられる人、そしてカモられない方法

「ハーレム競馬」の予想は本物です。

何より無料予想がマジで使えます。
とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

5レースほど試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

LINE or メルアド登録だけで本日から利用でき、何回使っても費用はかかりません。

 

 

先日ニュースで流れていた内容で一つ気になるものがありました。

その内容は

「無料開運グッズプレゼントから詐欺で騙される」

というものでした。

話を要約するとこんな感じの詐欺事件です。

雑誌に載っている無料開運グッズプレゼントに応募
      ↓
応募と引き換えに個人情報を取られる
      ↓
その個人情報リストに対して詐欺の働きかけを行う
      ↓
一定の確率で詐欺成立

このニュースに対して、テレビ局はお決まりの
弱いものに詐欺を行うなんてひどいですね、
というスタンスでしたが、私はそうは思えませんでした。

どう思ったかというと…

無料開運グッズなどという
働かずして楽をしようとする物を
求める人間はやはりカモにされるんだな

こう思いました。

詐欺を仕掛ける側から見れば狙いは明白です。

仕掛ける側も出来るだけ成功率を上げたい。
ムダな労力は使いたくない。

こう思っています。

だから、騙されてくれそうな人達を探すわけです。

では、騙される人はどういう人達なのか?

それは自分で努力をしない、他人依存で楽をしようとする人間です。

このレベルの人間はまともな判断が出来ないので簡単に騙されてくれる。
     ↓
その為に無料開運グッズという餌で他人依存マインドの人間を集める。
     ↓
成功率の高い詐欺を仕掛ける事が出来る。

こういうロジックで詐欺行為を行っています。

当然、この行為は許される訳ではありませんが
世の中は当然悪い人がいるので、
このような詐欺を仕掛けて来る人はたくさんいます。

それは私達には変える事が出来ません。

では、私達にできる事は何か?

”正常な判断力、正常なマインドを持つ事です”

これが世の中の悪い人達からカモられない唯一の方法です。

私はメルマガの予想力アップ講座で最初に楽をしようとするなと話しています。

この詐欺事件に関わらず
正常な判断力とマインドを身につけてない人はカモられます。

そして競馬でも当然勝てません。

競馬に勝つ為には勉強が必要ですし
勝つ為のマインドを身につけなくてはいけません。

勝つ為の原理原則を学ばなくてはいけないですし
目先の的中ばかり追ってはいけません。

ギャンブルは楽して勝ちたいと思う人が多い業界です。

だから、大抵の人が負けます。

しかし、楽して勝ちたいと思う人(カモ)が多いからこそ
しっかりと勉強すれば勝てるようになります。

このニュースを教訓として
再度、馬券で勝つ為の学びとして下さい。

メールマガジンでは競馬予想力アップ講座を無料で行っています。

予想力を向上させたい、馬券で勝ちたいという方は
登録はクリックして登録下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えています。

PR
根岸ステークス2024無料予想公開中!!

先週のAJCCはスマッシュヒット!!

◎中山11R アメリカJCC
三連複10点500円[33.2倍]的中
[払戻額]16,600円[回収率]332%

2023年秋の予想も絶好調でした!

◎京都11R マイルチャンピオンシップ
三連複10点500円[309.3倍]的中
[払戻額]154,650円[回収率]3093%

◎阪神11R 阪神JF
三連複10点500円[36.8倍]的中
[払戻額]18,400円[回収率]368%

全て無料予想で破壊力十分の的中!!

─────────────────────
2024年8~12月は毎月プラス収支を記録!!
━━━━━━━━━━━━━━

混戦の根岸ステークスも自信の買い目で公開中!!

5頭に絞って10点勝負の買い目!
あの人気馬を外して、爆発力十分の馬券です

是非、中身を見て確かめてください。

根岸ステークス2024予想は無料公開中なので、
以下をクリックして予想をチェックして下さい。

根岸ステークス2024買い目はコチラ

メールアドレスだけ(約30秒)で無料登録出来ます。

買い目を確認してから馬券を買って下さい(登録無料)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。