馬単・三連単5頭ボックスという馬券術は果たして有効なのか?

Pocket

先日インターネットを見ていたら、

「三連単5頭ボックス馬券術」

と書いてある記事を見つけました。

果たしてこの方法(馬券術)は有効なのでしょうか?

答えから先にいうと

“決して有効な方法ではない“

といえます。

理由は単純で 

“レース的中時の配当期待値が著しく下がるから”

そして

“確率に沿った買い方が出来なくなるから”

3連単で5頭ボックスとなると買い目は60点。

仮にギリギリ万馬券の100倍を的中させたとしても
2回に1回は的中させないとマイナスになってしまいます。

いくら万馬券が出やすい3連単とは言え
2回に1回万馬券を当てるというのは
どう考えても至難の業です。

3連単60点を買うなら、目指す倍率は500倍以上が必要条件です。
(出来れば600倍以上)

そして、500倍以上を狙うのであれば、ある程度人気薄を狙わなくてはいけないのですが
人気薄を狙おうと思うときに5頭ボックスはリスクが高い馬券となります。

例えば、単勝万馬券の馬を5頭の中に入れたとすると
来る確率が非常に低いので、実質的に4頭ボックスになってしまいます。

人気薄を2頭入れたとすれば、事実上の3頭ボックス。

3連単だったら1点勝負になるという無謀な馬券となります。

通常であれば、来る可能性と配当のバランスが取れた馬を軸として
来る可能性が低いが、めちゃくちゃ高配当な馬
を相手にとるというやり方が効率的です。

ボックスにしてしまうとこの辺りの調整が非常に難しくなります。

確率が低い大穴馬3頭での3連単は実質的中率0%

買う意味がありません。

そういった馬券を省いて、当たる可能性が高い馬券を
厚くしていく事で効率の良い馬券が生まれてきます。

なので「三連単5頭ボックス馬券術」は有効ではありません。

そもそも馬券はこの買い方しかしないというのは
効率のいい考え方ではありません。

ピックアップした馬のタイプによって柔軟に買い方を変えていきましょう。

どんな形で馬券を買っていけばいいのかわからない
という人は、私のメールマガジンに登録して下さい。

無料ですし、馬券講座という形で
回収率を上げる方法をレクチャーしています。

以下をクリックすると登録出来るので良かったらどうぞ。

メールマガジンの無料登録はココをクリック