競馬は勝てるギャンブルなのか?確率論から結論を導いてみた。

Pocket

ギャンブラーの夢といえば

「ギャンブルで飯を食う」

という事です。

“パチプロ”という言葉は良く耳にしますが
果たして競馬で勝つ事は可能なんでしょうか?

競馬の控除率は75%

例えば1万人が1万円ずつ出し合って合計1億円分の馬券を買ったとしたら
その1億円からJRAが25%(2500万円)をテラ銭として徴収して
残りの7500万円を1万人で取り合う

そんなイメージですね。

この75%という数字は他のギャンブルと比べると非常に低い数値で
確率の観点からいうと非常に勝ちづらいギャンブルと言えます。

(ちなみにパチンコは約90%、ルーレットは約97%)

勝つのは難しいですが、理論上不可能ではありません。

実際問題、競馬でプラス収支の人は私の周りにもいますし
お笑い芸人のインスタントジョンソンじゃいさんは
競馬で家を建てたというくらいですから
おそらく儲けているのだと思います。

では、競馬で勝つにはどういう事が必要なのか?

勝つ方法を考える前に一つ頭に入れておかなくてはいけない事があります。

それは「競馬は他の人の投票結果で配当が変わる」という事です。

いくら勝利濃厚な馬でも全員が買ってしまっては儲ける事が出来ない。

これが競馬というギャンブルのシステムです。

と言う事は、儲ける為には逆の事をすれば良い訳です。

と言っても敗北必至の馬を買え、という訳ではなく

出来るだけ皆が買わない馬で可能性を高い馬を買え

という事です。

一つ面白いデータを紹介しましょう。

それは

単勝1倍台の馬よりも、単勝10倍台の馬が高い回収率

だという事。

当然、勝率・複勝率は1倍台の馬の方が比較にならないほど高いんですが
こりゃ来るなとおおよその人が思って馬券を買うので
過剰な人気になってしまい、リスクとリターンのバランスが崩れてしまう。

このデータは競馬というギャンブルのシステムを物語ってます。

では、どうすれば皆が注目していない馬を探せるのか?

この方法を知りたい方は私のメールマガジンに登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

皆が注目していない馬を探すわけですから
当然、これだけ守っていればいい

という単純な方法ではありません。

馬の見極め方、適性の見抜き方、
馬券を買う際に必要な気持ちの作り方まで
事細かく説明をしていますので良かったらどうぞ。