個人が競馬メルマガで収益を出すのに必要な6つのコツ

Pocket

いまの時代は個人がSNSやブログなどの媒体を持てる時代です。
それゆえ個人でメールマガジンを発行している人もたくさんいます。

メールマガジンを発行している人は大抵何かしらの方法で収益を得ようとしていますが、そのほとんどが収益化に失敗しています。

なぜ失敗しているかというと、収益を出す為の方法を学んでおらず、実践もしていないからです。

ここでは競馬を題材としたメールマガジンで収益を出したいと思っている人の為に、個人が競馬メルマガで収益を出す7つのコツを話していきたいと思います。

1.無理なセールス、頻繁なセールスはしない

個人がやっている競馬メルマガで最も多く見受けられるのが、過剰なセールスです。

1通メールを送って、2通目に有料予想に参加して下さい。

みたいな事をやっている人がたくさんいますが、はっきり言って

「買うわけねえだろ」

という感じですよね。

何にもしないで、相手がお金を払ってくれると思ったら大間違いです。

逆にあなたがこんな売られ方をしたらと思いますか?

絶対にウザイと思うはずです。
自分がウザイと思うことを人するのは止めましょう。

セールスは月に1回ぐらいのペースでちょうどいいです。

過剰なセールスは控える方が結果的に貴方に収益をもらたします。

またお客さんに対してはお金を払ってくれる人として接するのではなく競馬仲間として接して下さい。

セールスとは価値の交換です。

相手に物を売りつける行為ではないので、仲間として相手が欲するものを聞きながら求める物を提供してあげましょう。

2.無料で情報提供する

個人のメールマガジンを見ていると、無料で見られる情報は役に立たないものばかりです。

ただ平場数レースの買い目が載っているだけで、役に立たないばかりか、全く面白くないのでメルマガを読む気が失せます。

一度読まれなくなったメルマガは二度と読まれる事はありません。

まずはメルマガを読んで貰えるよう役に立つ情報を提示するようにしましょう。

役に立つ情報を持ってないなら面白い話をして下さい。

役に立つ情報も面白い話も提示出来ないというのであれば、メルマガを配信する資格はありません。

というより、メルマガを配信しても意味がありません。

ただ、役立つ情報も面白い話も持ってなくても心配いりません。
情報を外部から仕入れればいいだけです。

競馬に関する本はいくらでも売っていますし、スポーツ新聞などにもたくさんのネタが詰まってます。

読者に提供出来るネタを仕入れて、無料で提供してあげましょう。
そうすることで、貴方と読者との信頼関係が出来上がっていきます。

3.自分が何者なのかお知らせする。

メールマガジンに登録してくれる読者は貴方がどんな人なのか分からない状態でメールを読んでいます。

どんな人なのか分からない、つまり得体の知れない相手の話を聞いている訳です。

そんな人に物をセールスされたり、サイトを紹介されても相手は当然買う気になりません。

まずは貴方がどんな人間なのか?

顔出し、本名を名乗りまではする必要ありませんが、

競馬のどの辺りが好きなのか?
自分がどんなタイプの競馬ファンなのか?

競馬歴はどれくらいなのか?

好きな馬などパーソナルな部分なども話してもいいですね。

など、貴方の姿が見えるような形でメルマガ配信をすると読者との信頼関係が出来上がっていきます。

4.自分が何を考えているのか知らせる。

先ほどの何者かを知らせるという事と重複しますが、

貴方の馬券収支はどれくらいなのか?
どんな考え方で馬券を買ってるのか?
どんな理論を持っているのか?
予想に重宝する要素は何なのか?
どんなスタンスで競馬に向き合っているのか?

と言った貴方の思考的なところを公開して下さい。

何度も言いますが、メルマガ読者は貴方の事を最初から怪しいと思っています。

怪しいと思ってる人が、思考を隠しながら情報を公開しても全く意味はありません。
怪しさが膨らんで迷惑メールに入れられて終わりです。

余すことなく貴方が持っている競馬ノウハウを読者に提供して下さい。

もし価値のあるノウハウを提供出来ないのであれば、どのみち成功しないので、まずは勉強して下さい。

競馬に関するいい本はたくさんあるので、何冊か読んで勉強すれば人に教えられるレベルになります。

5.しっかりとした集客をする(色々な媒体とメールマガジンをくっつける)

メルマガをやっている人に話を聞くと、意外なほど集客をしていない人が多いです。

一番多いのはメルマガ記事を書いていれば、勝手に読者が増えてくれると思ってる人です。
確かにまぐまぐなどで殿堂入りしているようなメルマガは勝手に読者が増えていくとこはありますが、何のブランドもないメルマガ、初めたばかりのメルマガは記事を書いても読者は増えません。

10人しか読者がいないのメルマガで収益を出そうというのはそもそも無理なので、ブログやSNS、動画なので、しっかりとメルマガへの呼び込みをしましょう。

6.一つの収入源に拘らない

個人の競馬メルマガ運営者に多い誤解として、収入を得る方法が一つしかないと思い込んでいる。
という事象も多々見受けられます。

例えば、自分の予想を売ることしかやろうとしていない、と言ったパターンですね。

これは非常に勿体無いです。

競馬メルマガを運営していくなかで、収入を得る方法はいくつでもあります。

先ほど話した自分の予想を売るというのも一つですし

他の競馬サイト、競馬メルマガへ紹介をする
広告を載せて収入を得る
自分の作ったYouTube動画にリンクしてYouTubeから収入を得る
競馬予想の商材やデータ解析などの商材を作って販売する。
他人の作った商材を販売して手数料で収入を得る
他人の有料予想を紹介する。

方法はたくさんあります。

一つの方法で月1万しか稼げなかったとしても、10個の方法を持っていてそれを同時に実践すれば月10万円の収益を得ることが出来ます。

一つに拘らず色々な視点から収益を得てください。

以上です。

もし貴方がメルマガを運営しているけど、利益が出ていないという事であれば、上記の事を実践していないという事です。

せっかく自分のメルマガを持った訳ですから、収益を得るために必要なことをやっていきましょう。

また、それぞれを実践するにあたって、必要な要素があります。
そういった細かな要素については、私がやっている無料の競馬ビジネス講座でお話ししていますので、もし貴方が競馬で収益を得たいと思っていたら登録して下さい。

https://beast-ex.jp/fx4558/business

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。