厚切りジェイソンさんが橋下徹さんの番組に出た話と競馬ビジネスの話

Pocket

先日、橋下徹さんの番組にお笑い芸人の厚切りジェイソンが
出演しているのを見ました。

テーマは「道徳観」で自分の家の近くに刑務所が出来るとしたら
反対するか、賛成するなどのお題を元に討論するというものでした。

内容もさることながら、その番組内で厚切りジェイソンさんが
言っていた一言がとても印象的でした。

その一言とは

「日本は失敗に厳しい社会である」

と言っていた事です。

これに対して橋下さんは反論していましたが
現実問題として日本が失敗に厳しい国であるというのは事実です。

芸能界などを見てみると分かりますが
不倫が発覚しただけで「芸能界から追放すべき」みたいな
意見がすぐに沸き上がり、実際に謹慎状態になったりしますし

会社なども一度辞めただけで、こいつは続けられない人間だ
というような烙印を押され、評価がドンドン下がっていきます。

「何か一度失敗したら、そいつはもうダメな奴」

こんな意識が日本人には刷り込まれているので
日本では起業する人が少ないですし
チャレンジする人が少ないという現実があります。

私は競馬ビジネスを教えていますし、自分でもやっていますが
「失敗は悪」というメンタリティーでやっていたら
とても続けられないだろうなぁと思っています。

私は天才ではないので、10回何かやれば9回は失敗しています。

自分で商品を作って、これはたくさんの人の役に立つぞと思って
商品を紹介するメールを送ったら誰からも反応がなかったり
これは面白いと思う動画を投稿したアクセスが0だったり
と、失敗の連続です。

ただ、そのうちの1回の成功で成り立っていますし
9回の失敗の中で色々な事を学べています。

失敗は悪ではなく、失敗は成功するための必要体験

という風に私は捉えています。

失敗はダメという社会でずっと育ってきているので
急にその価値観を変えるのは難しいと思いますが
頭の隅に「失敗は成功する為の必要体験である」という言葉を入れて貰えると
今後何かにチャレンジするときに役立ちますので
是非、失敗を恐れずに行動して下さい。

競馬ビジネスでお金を稼ぐための方法を
無料講座という形でメルマガ配信しています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

https://beast-ex.jp/fx4558/business

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。