競馬予想会社や競馬情報サイトのやり方に騙されない

Pocket

私は普段から競馬に関する情報発信をしていますが
他人が情報発信している情報や競馬予想会社の無料情報も取り入れています。
(その中には有料のコンテンツなども含まれています)

最近よく見ているのがこれです。

ターフビジョン(競馬予想会社)

ターフビジョンの無料登録はコチラ

競馬予想会社の中では無料コンテンツの豊富さがダントツですし
電車で移動する時などのちょっとした時間に読んでいると面白いです。

もし、貴方が登録していなかったら是非登録してみて下さい。
(登録するとメールが結構来るので専用フォルダを作った方が良いです)

あと断っておきますが、有料コンテンツには参加しないで下さいね。

こういった予想会社の有料サイトに申し込むなら
私の予想会員になった方がよっぽど為になります。

さて、私は最初の回収率アップ講座の時に

「競馬予想会社にお金を払ってはいけない」
「競馬予想会社を信用してはいけない」

という事を話しています。

なのに、なんで競馬予想会社のサイトから情報を見ているの?

と疑問に思う人もいるかもしれません。

私がなぜ競馬予想会社のサイトを見ているかというと理由は2つあります。

一つは

「面白そうな無料コンテンツのアイディアをリサーチするため」

もう一つは

「やってはいけないやり方を学ぶため」

です。

先ほど紹介したターフビジョンは面白い無料コンテンツが何個かあり
単純に読んでいて面白いので、自分のメルマガでも何か
取り入れられることがありそうなので毎週読んでいるという側面もあります。

なので、オススメをしている訳ですが

「そんな情報提供の仕方はないでしょ!」

と思う事もあります。

最近特にそう思うのは

「有力馬をとにかく全肯定するというやり方」

です。

ターフビジョンをはじめとした競馬予想会社のみならず
競馬のポータルサイトや新聞などでもこの手法は使われています。

一つ例を出すと

2016有馬記念について有力馬を評価するにあたって

キタサンブラック:ジャパンカップ圧勝で引き続き調子が良い
サトノダイヤモンド:菊花賞圧勝で今が充実期
ゴールドアクター:ジャパンカップは負けたが、昨年勝ったこの舞台で更に良くなっている
サウンズオブアース:ジャパンカップ2着で去年より状態がいい
シュヴァルグラン:アルゼンチン共和国杯、ジャパンカップ連続好走で更に上向き
マリアライト:宝塚記念で牡馬を撃破した実績から当然有力
ミッキークイーン:叩き2走目で状態急上昇
ヤマカツエース:前走金鯱賞で復活、ここも勢いにのって一角崩しの可能性有り

こんな評価をしているサイトです。

こういったサイトはとにかく当たりをアピールしたいので
要はどの馬が来てもうちのサイトは勝った馬を評価していたよ

と言いたいわけです。

確かに全ての馬について肯定をしている訳ですから
実際にうちのサイトは勝ち馬を推していたと言える訳ですが

それって貴方に何か役立ちますか?

悪い言い方をすればバカでも出来るやり方です。

私も毎回どうやっても当てたいという人には
全頭の単勝を買っておけば当たるよ

と言います。

回収率アップ講座でも話しましたが
目先の欲に負けている情報弱者はただむしり取られていくだけです。

ですので、私の予想はこれを真似しないよう気をつけています。

というか、勝つ事を考えれば全頭買うなどという選択には
辿り着きようがないのですが…

これらをまとめて言うと
ハズレを恐れないという事です。

馬券を買う上で何が一番大切なのかを考えるという事ですね。

馬券を買う上で一番大切なことは
回収率を1%でも上げるようにすることです。

的中率を高めることではありません。

予想の当たり外れには当然波があり、不調期があります。
調子が悪ければ10連敗することも珍しくありません。

ただ、その連敗を恐れて、自分の予想フォームを崩したり
ムダに買い目を増やしたりすれば、結果は悪化するだけです。

競馬予想会社や競馬情報サイトのやり方は
目先の当たりに右往左往する情報弱者相手に
的中実績というにんじんをぶら下げて餌にかかるのを待っている

というやり方なのでそれに騙されないで下さい。

何が一番大切なのか?
大切なものを得る為にどんな方法が最善なのか?

目先の利益に惑わされずに本当の利益を追い求めましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。