1強レースが存在した時の馬券の買い方|ヒモ荒れパターンについて分析

Pocket

単勝1倍台前半になるような1頭だけ飛び抜けて強い馬が
出走しているレースの馬券攻略について話していきたいと思います。

単勝1倍台の強い馬が出走しているという事は
「その馬がレースの中心になる」という事です

逃げていれば、その馬を負かすように早めに仕掛けるでしょうし
後方に待機していれば、その馬を負かすよう仕掛けをギリギリまで待つでしょう。

それだけその馬にはプレッシャーがかかる訳ですから
力差の少ない相手関係なら、負けてしまうことは良くあります。

逆にその馬が抜けて強い馬だった場合は

早めに仕掛けた相手が先にバテたり
遅めに仕掛けた差し馬が全く届かなかったりと

その馬が潰しにいった馬が惨敗するというパターンがしばしば起こります。

このパターンは上位人気の馬が軒並み惨敗して
人気薄の馬が2,3着に来るヒモ荒れ馬券が多くなります。

1強レースを攻略する上で重要となる事が2つあります。

○1強と目されている馬と他馬との力関係
○人気馬を潰すような仕掛けをする背景があるかどうか

1番目の要素は説明の必要はないと思います。

力差が少なければ、1番人気が飛ぶ馬券
力差が大きければ、1番人気からのヒモ荒れ馬券

という形を心がければ、期待値の高い馬券を買うことが出来ます。

2つめですが、1頭抜けて強い馬がいるからといって
全てのレースがその馬を潰しに行くような競馬になるかというと
そうではありません。

例えば、未勝利戦、500万下、1000万下などの下級条件の場合は
無理に人気馬を負かすようなリスクを犯すよりも
無難に走って着を拾って賞金を稼いだ方がいいという
陣営の意志が働くので、1頭強い馬がいたとしても
人気順に決着することが多くなります。

これとは別に断然人気の馬が好位~中団から
レースの流れに応じて競馬を出来るタイプの場合は
他の馬も潰しづらいので、自分の競馬に徹する場合が多くなります。

これらをまとめると

重賞で極端な脚質の馬が抜けた1番人気になるときは
人気馬の沈没及びヒモ荒れ決着になりやすい

と言えます。

今後の予想の参考にして下さい。