上手な馬券の買い方と馬券ベタな人の買い方との違いとは?

Pocket

馬券の購入において予想と同じくらい大切な馬券の買い方

上手な馬券の買い方が出来る人と
下手な馬券の買い方しか出来ない人の比較をしてみましょう。

< 上手な人の馬券の買い方 >

・常に人気薄の馬券を狙っている。
・相手を絞って少ない点数で買う。
・人気馬には複系、人気薄には単系の馬券を買う

< 下手な馬券の買い方 >

・ついつい本命サイドの馬券ばかり買ってしまう。
・当てたいが故に買い目をどんどん増やしてしまう。
・人気馬には単系、人気薄には複系の馬券を買う

一つずつ解説しましょう。

馬券でより高い回収率を出す為に必要な事は、的中率に拘らない事です。

正確に言えば「高い回収率を残す為の事だけをやる」という事。

本命サイドの馬券というのは
競馬ファンの当てたいという心理から
皆が群がるので、実際に来る確率よりも期待値が下がります。

逆に言えば、穴サイドの馬券は
皆が敬遠するので、実際に来る確率よりも期待値が上がります。

つまり…

本命サイドの馬券を買う人は常に期待値の低い方へ向かっているので下手

穴サイドの馬券を買う人は常に期待値の高い方へ向かっているので上手

という事が定義できます。

次に馬券の仕組みについて話をしましょう。

馬券は総売上の25%を天引きされた金額を皆で奪い合うゲームです。
25%はJRAにいくわけでこれは変えようがありません。

つまり馬券力(予想力+馬券購入力)が普通の人は回収率75%前後に落ち着きます。

買い目を増やして的中率を高めるというやり方は
ローリスクローリターンのやり方ですよね。

このやり方は少ない損益しか生まないので
普通の人にどんどん近づいていきます。

『=回収率が75%前後に落ち着く』

という事ですね。

大負けはしないものの、ほぼ確実に負けるやり方だと言えます。

逆に買い目を絞るというやり方はハイリスクハイリターンです。

的中率を下げる代わりに、そのレースの回収率を爆発的に伸ばす事が出来ますが
ハイリスクなので、この買い方をすると大負けする可能性があります。

ですが、馬券で勝とうと思ったらハイリターンを狙う
という方法を取るしかありません。

馬券上手の人は本能的にか理論的にか
ハイリターンを狙うというやり方を実践しています。

最後になりますが、人気とオッズの関係について話をしましょう。

単勝1倍台を始めとした1番人気馬は
単勝回収率よりも複勝回収率の方が高いという特徴があります。

逆に単勝10~30倍の中穴馬は
複勝回収率よりも単勝回収率が高いという特徴があります。

この特徴を知らない人が実に多いです。

普通の人は人気馬から馬券を買うときに
「人気馬だし、今回は勝ってくれるだろう」とか
「配当がつかないから、馬単で勝負しよう」
みたいな心理が働き、単系の馬券を購入しがちです。

逆に人気薄だと
「人気薄だし、勝ちきれないだろうなぁ」とか
「配当がつくから、馬連でいっかな」
みたいな心理が働き、複系の馬券を購入しがちです。

これは回収率の流れと明らかに逆行しています。

馬券の論理を知っている人はこんな買い方はしません。

人気馬ほど複系の馬券を買い、人気薄ほど単系の馬券を買います。
その方が回収率は高くなりますからね。

この3つの法則を理解しておくだけで
馬券の内容がガラっと変わってきます。

もし貴方が馬券下手な買い方をしているのであれば
是非、実践して馬券上手に下さい。

今回話した内容以外に馬券の回収率向上について
ノウハウを知りたかったら、無料メールマガジンに登録して下さい。

以下をクリックすれば登録出来ます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。