当日好調な騎手はレース予想の要素に含んでも良いのか?悪いのか?

「競馬ラボ」の情報は本物です。

メディアに多数出演している水上学さんが渾身の本命馬&お宝穴馬を公開!

他にも安藤勝己(GI週のみ)、大島麻衣(元AKB48)の予想
騎手コラム、独占インタビューなど限定情報を配信

とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

 

 

競馬場に一日いると乗れている騎手・乗れていない騎手を
発見することがあります。

人気があってもなくてもバンバン連に絡む騎手
人気があるのに飛びまくる騎手

どちらもいますよね。

これらの要素は予想の材料として含めて良いのか

結構迷うところだと思います。

私の答えは

『弱すぎず強すぎない程度に要素に加える』

という事です。

良くいるパターンとしては

「この騎手が好調だから、このレースは好調騎手から買おう」

と、丸々乗っかってしまう形か

「レースはあくまで単発なんだから、そんなの要素に入れない」

と、全く関係ないちおうスタンスをとる形の2パターンです。

どちらも極端ですよね。

その日乗れているという事はペース判断や仕掛けどころなど
技術的な感覚が冴えているという事です。

その感覚の冴えをわざわざ無視する必要はないですし
ペース判断や仕掛けどころが良くても
馬にコース適性が無かったり、臨戦過程が悪かったりすれば
そちらの方が勝つ訳で、丸乗りするほどではありません。

枠順、適性、臨戦など様々な事を考えていく上で
その1つの要素としてプラスを加える程度でちょうどいいのです。

どちらにしても過剰に反応しないようにしましょう。

実は、この騎手の好調加減よりももっと使えるデータが取れることがあります。

それは芝レースで「前が残る馬場」、「差しが利く馬場」というパターンです。

開幕週は前が残るは定石ですが
AコースからBコースに変わったとき
週中の天候で条件が大きく変わったときなど
極端な前残り、前崩れを生み出すことがあります。

例えば午前中のレースで、このような偏りをグッと掴めると
午後のレースはかなり熱くなります。

なぜならこれらの偏りは

「騎手の好不調よりも大きな変化をレースに与えるから」です。

よく競馬場にいる人でレースの着順を新聞に書き込んでいる人がいますが

それをやるなら「レースがどのような流れだったのか」
もしくは「人気薄の馬が馬券に絡んだ時に、どういう流れだったのか」

という事をメモしておいた方がいいですね。

非常に使えるテクニックなのですが、使っている人があまりいないので
是非、貴方も使って下さい。

PR
根岸ステークス2024無料予想公開中!!

先週のAJCCはスマッシュヒット!!

◎中山11R アメリカJCC
三連複10点500円[33.2倍]的中
[払戻額]16,600円[回収率]332%

2023年秋の予想も絶好調でした!

◎京都11R マイルチャンピオンシップ
三連複10点500円[309.3倍]的中
[払戻額]154,650円[回収率]3093%

◎阪神11R 阪神JF
三連複10点500円[36.8倍]的中
[払戻額]18,400円[回収率]368%

全て無料予想で破壊力十分の的中!!

─────────────────────
2024年8~12月は毎月プラス収支を記録!!
━━━━━━━━━━━━━━

混戦の根岸ステークスも自信の買い目で公開中!!

5頭に絞って10点勝負の買い目!
あの人気馬を外して、爆発力十分の馬券です

是非、中身を見て確かめてください。

根岸ステークス2024予想は無料公開中なので、
以下をクリックして予想をチェックして下さい。

根岸ステークス2024買い目はコチラ

メールアドレスだけ(約30秒)で無料登録出来ます。

買い目を確認してから馬券を買って下さい(登録無料)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA