競馬の期待値算出方法と期待値を上げていく方法

Pocket

今回は競馬で勝つ為の鍵となる期待値を算出する方法と
その期待値を上げていくための方法を話していきます。

 

競馬(馬券)は確率・統計をふんだんに使ったギャンブルです。

ブックメーカーなどとは違い
10人やって10人勝つ事はありません。

競馬の控除率は約75%
(券種によって多少変わります)

10人が1日10万円ずつ使い総額100万円投資したとすると
レースが終わる時には75万円が10人に配分される事になります。

1人が20万円の払い戻しをしていたら
残りの55万円を9人で配分する訳で
1人あたり約6万円しか戻ってきません。

ゆえに馬券の期待値は理論上0.75という事になります。

ただ、この0.75という期待値は総数で見た理論上の話で
個人の期待値が0.75かというとそうではありません。

では、馬券の期待値とは何なのか?

それはこの式で表す事が出来ます。

期待値 = 的中率 × 平均回収率

例えば…

平均回収率150%、的中率50%

というアベレージの人は

期待値0.75

となる訳です。

では、どうやって期待値を上げていくか

上の式を見てわかるように方法は2つしかありません。

「的中率を上げる」か「平均回収率を上げる」

これだけです。

競馬で高い回収率を得たいという人は
一般的に的中率ばかりを追い求めます。

そして的中率ばかりを追って平均回収率を下げる

という悪循環に陥る人が多いですね。

的中率が仮に30%から40%にあがった
でも、平均回収率が250%から200%に落ちた

という人は期待値が0.75→0.8にしかなりません。

これではほとんど意味がないですね。

それならもっと的中率を上げればいいじゃないか

と思うかも知れませんが、回収率200%超えで
的中率50%を超える事はほぼ不可能です。

疑問に思うのであれば一度やってみて下さい。
ほとんど意味のない的中率を上げるなら
平均回収率を上げる方がよほど簡単です。

平均回収率を250%から400%に上げれば
的中率は18.7%で期待値0.75を維持出来ます。

そして、的中率は上限が100%であるのに対して
平均回収率は上限がありません。

なので、私は平均回収率を1000%以上に設定して
馬券を購入しています。

回収率が1000%なら、的中率は10%で
期待値は1.0になりますし
競馬の一般的な期待値0.75は的中率7.5%で実現出来ます。
実はこの方法が正しいと裏付けるデータがあります。

こちらの表をみて下さい。

競馬 オッズ別成績

単勝を賭けた時に一番高い期待値が期待出来るのが
10.0~19.9倍となっており
単勝1倍台の馬を賭けるよりも高い期待値を誇っています。

勝率は5~7%と高い数字ではありませんが
期待値は90%近い高い数字を残しています。

あとは予想力です。

勝率5%を10%まで持って行けたら
期待値は単純に倍の180%になりますよね。

これが期待値を上げる方法です。

 

 

予想力を上げる方法についてはメールマガジンで
基礎的な事を「回収率アップ講座」という形で話しています。

登録は無料なので、是非登録して下さい。
以下をクリックすると出来ます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

レースの予想方法から馬券の購入方法までを話しているので
馬券に対する考え方が一変するはずです。

 

また今週の重賞で注目している馬を
ブログランキング上で公表していますので、参考にして下さい。

私が今週の重賞で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。