ディープ産駒は主要競馬場(東京、阪神、京都)に強くローカルは苦手

Pocket

ディープインパクト産駒は能力の高い馬が多いです。

ですので、その能力を存分に発揮できる舞台の方が成績は良い訳です。

能力が発揮できる舞台というのは、
広々としたコースで枠順や展開の紛れが少ないコース

すなわち、JRAの主戦である東京、中山、京都、阪神です。

逆に枠順や展開の紛れが多い小回りコースなどでは能力が発揮できなくなる事が
多くなるので、成績は悪くなっていきます。

ここで競馬場別のディープ産駒の成績を見てみましょう。

ディープ産駒 芝場所別成績

札幌競馬場では強さを見せているものの、勝率・連対率・複勝率共に
主要4競馬場での成績とローカル競馬場の成績に歴然の違いがある事が分かります。

また主要4競馬場の中でも、小回りで展開の紛れが多い中山競馬場の成績が
少し低くなっている点も見逃せません。

ディープ産駒は広くてスピードと瞬発力を活かせるコースが大好きです。

今回話した内容以外にもディープインパクト産駒の特徴は色々とあります。

サイト内のこちらのページでは全体的な話をしているので、
興味がある方はクリックして見て下さい。

ディープインパクトの基本適性を全て解説

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。