疲労に注意!ディープインパクト産駒は消耗が激しく使い減りするので連続好走は…

Pocket

競走馬には使い減りする疲労に弱いタイプと頑丈で消耗に耐えうるタイプの2通りの馬がいます。
ここではディープインパクト産駒の体質の強さ、疲労への耐久性について話していきたいと思います。

 

現役時代のディープインパクトは小柄な馬でした。
幸い故障がなく現役生活を終えることが出来ましたが、凱旋門賞に挑戦した
フランス遠征時に体調を崩すなど、体質としては強くありませんでした。

この体質の弱さが産駒に引き継がれています。

 

まずは下のデータを見て下さい。

ディープ産駒 芝レース間隔別成績

ディープインパクト産駒のレース間隔別成績ですが、
連闘、中1週で出走している馬は抜けて数値が悪いです。

逆に中4~8週と十分な間隔をとって出走してきた馬は
複勝回収率が80%を超えています。

そして、特筆すべきは半年以上の休み明けで出走してきた馬の成績です。

通常、半年以上の休み明けで出走した馬は成績が悪くなるのですが、
ディープインパクト産駒は複勝率30%を超えて、
複勝回収率も93%と高い数字を記録しています。

逆に言えば、それだけディープインパクト産駒は消耗が激しいという事で
使い減りするのがディープ産駒の特徴であると言えます。

 

別の視点からも見てみましょう。

以下のデータを見て下さい。

ディープ産駒 芝馬体重別成績

上のデータは前走との馬体重増減別の成績です。

馬体重減で出走してきた馬と馬体重増で出走してきた馬の複勝率、回収率が
大きく違っている事が分かると思います。

体質の弱いディープ産駒が馬体を減らしてきたときはベストの体調でない
もしくは疲労を残していると判断出来ます。

 

今回話した内容以外にもディープインパクト産駒の特徴は色々とあります。

サイト内のこちらのページでは全体的な話をしているので、
興味がある方はクリックして見て下さい。

ディープインパクトの基本適性を全て解説