競馬予想におけるクラス替えでの降級馬を絡めた馬券の買い方


競馬ワールドの情報は本物です。


ダービージョッキーの大西直宏さんが、毎週渾身の本命馬&お宝穴馬を公開!


他にも元JRA調教師の星野忍や現役馬主などが、競馬新聞には載っていない情報を惜しみなく配信


とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず


試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。


日本ダービーが終わると待っているのはクラス替えです。

上級条件で戦ってきた馬が降級してくるので
しばらくは降級馬が幅を利かせる結果になるのは
ご存じの通りだと思います。

ここでは降級馬の馬券の買い方について話をしていきます。

まず大原則として降級馬は「買い」かどうかという話ですが

降級馬は「買い」です。

当然人気になりますし、馬券的妙味はないのですが
期待値はそれほど低くありません。

ここで、データを一つ紹介します。

【A】降級制度のない5歳以上の馬
【B】上のクラスから降級してきた4歳馬
【C】降級していない4歳馬(500万クラスのみで発生)
【D】3歳馬

とカテゴリ分けをした中で

昨年のクラス替え直後の週=
安田記念週に行われた
500万クラスの全14レースに
おける【A】【B】【C】【D】の
各々の成績を見てみると

【A】0.0.4.34 勝率 0% 複勝率11%
【B】6.7.6.20 勝率15% 複勝率49%
【C】2.2.1.73 勝率 3% 複勝率 6%
【D】6.5.3.36 勝率12% 複勝率28%

【B】の降級馬が圧倒的な成績を残しているのが分かります。

つまり、馬券妙味がなくても

圧倒的な好走率の高さがあるため
期待値がそれほど下がらない

という形になります。

逆にいうと降級馬を外すと馬券にならないという事ですね。

つまり、降級馬を外すと馬券にならなくなってしまいます。

予想上、人気を背負う降級馬は外せない訳ですから
馬券の買い方としては大きく一発を狙うのではなく
コツコツと的中を重ねていく形となります。

つまり、本命党の人にとっては非常にありがたい季節となります。

逆に穴党の人はこの時期は出番がなくなりますが
重賞レースなどは降級の影響を受けづらいので
オープンクラスのレースで馬券を買っていくといいでしょう。

信頼出来る降級馬、信頼できない降級馬の見極め方については
こちらで分析をしているので、以下をクリックして見て下さい。

URL(工事中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA