競馬予想における情報弱者はそれだけで罪

Pocket

2016年1月15日金曜日にヤフーニュースでこんな記事が掲載されていました。

――――――――――――――――――――――――

高額の配当金が得られる競馬の予想情報を提供すると偽り、現金をだまし取るなどしたとして、詐欺の疑いで情報提供会社社長13人が県警に逮捕された。

 容疑者は平成17年ごろから、実際には情報を提供する意思も能力もないのに、ダイレクトメールで「高配当を得られる」などと偽って会員を募集。虚偽の的中実績や「調教分析のスペシャリスト」「極秘情報をもとに分析」といった嘘で会員を集め、登録料や更新料として現金を詐取したとみられる。情報を受けるにはさらに1回数万~数十万円の情報料が必要だったという。

 容疑者らは社名を変えながら少なくとも10社以上の会社を設立し、詐欺を繰り返していたとみられる。

 関係するとみられる口座には26年1月~昨年5月までに、佐賀県を除く46都道府県の延べ約7400人から、計4億円余りが振り込まれていた。

――――――――――――――――――――――――

この記事を見て、どう思いましたか?

「競馬で簡単に勝つなんて出来るわけがない」

ましてや“何回も連続して的中させる事”や
“高配当をバシバシ当てる事なんて出来る”

という事が出来ないという事は
普通に考える頭がある人は分かるはずです。

実際に私の予想も大きな的中もありながら
長く当たらないスランプを経て収支が増減しながら
年間を通じて100%を超える回収率を出しているという状況です。

高配当をバシバシ当てている訳ではないし
何回も連続して的中している訳でもありません。

しかし、現実にはこんな情報に胸を躍らされる人がたくさんいます。

そんな人達を私は「情報弱者」と呼んでいます。

自分の欲望に目がくらみ、
自分で考えようともせず
考えることすらも放棄してしまう。

残念ですが、こういう人は一生搾取し続けられるのみです。

私は騙す側に大きな問題はあると思っていますが
騙される方にも大きな問題があると思っています。

特に競馬情報詐欺系はなおさらですね。

『情報弱者はそれだけで罪です』

いつでも自分で学んで、考えて、努力した人だけが勝つ権利を手に出来ます。

何を信じようが、どんな馬券を買おうが、どんな情報を手にしようが
全ては自分自身の責任です。

詐欺情報を信じて、お金を投じてしまった。

それは明らかに怪しい情報を信じて、お金を出してしまったその人自身の責任です。

それが出来ないなら競馬などやめるべきです。

是非、これを読んでいる貴方には努力する人間で有り続けて貰えたらなと思います。

情報弱者にならない為のコツとは?
 → にほんブログ村 ランキング