脚質による勝率・複勝率・回収率を分析して馬券に活かす!

Pocket

競馬予想にあまり活用されていないのが脚質。

展開を予想する上で脚質を考えるという事はありますが、これはあくまでミクロの話。

全体的に脚質と馬券回収率の関係を知っている人はほとんどいません。

その点を説明しておきましょう。
これは芝とダートで違うので、別々に分けて話をします。

まずは芝から

逃げ 勝率13.5% 複勝率34.0% 単回収率86.7% 複回収率80.9%
先行 勝率13.4% 複勝率36.3% 単回収率88.5% 複回収率85.9%
差し 勝率11.4% 複勝率33.4% 単回収率80.9% 複回収率83.0%
追込 勝率9.5% 複勝率29.5% 単回収率70.7% 複回収率77.6%
(2005~2012年1~8番人気データ)

芝は追い込み馬の回収率が異様に低いのが分かります。
それに比べて先行馬の回収率は非常に優秀です。

逃げも含めても、回収率は良好で、

“芝は前に行く馬を狙うべき”

という事がわかると思います。

一方ダートですが、こちらも表を見て下さい。

逃げ 勝率14.9% 複勝率37.4% 単回収率73.8% 複回収率77.4%
先行 勝率13.9% 複勝率37.4% 単回収率85.3% 複回収率83.9%
差し 勝率11.1% 複勝率33.2% 単回収率84.1% 複回収率84.6%
追込 勝率8.7% 複勝率28.4% 単回収率78.3% 複回収率78.6%
(2005~2012年1~8番人気データ)

内容は簡易ですが、差し馬の回収率が高い事が分かります。

ダートと言えば前に行った馬が有利、という事が鉄則です。

もちろんそれ自体は間違いではありませんし
勝率・連対率・複勝率から言えば逃げ、先行馬が圧倒的な率を残している事もわかります。

ただ、ダートは前が有利だという事を知っている競馬ファンが多い為、
追い込み馬は必要以上に人気を落とす傾向があるので、
結果として回収率が上がります。

これらの大きな傾向を踏まえて予想を組み立てるようにしてください。

これ以外に予想の方法や馬券に役立つデータを知りたい

という方は私の無料メールマガジンに登録して下さい。
馬券回収率は間違いなく100%を超えます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。