短距離界で存在感を見せる種牡馬アドマイヤコジーンのデータと特徴

Pocket

サンデーサイレンス系の種牡馬が及びきっていない短距離路線

その中でメキメキ頭角を現している種牡馬が
アドマイヤコジーンです。

現役時代は2歳と5歳にGIを制覇するという離れ業を演じたこの馬が
徐々に活躍馬を輩出しています。

今後も短距離界ではコンスタントに活躍馬を出してくるであろう
アドマイヤコジーン産駒の特徴をデータから紐解いていきましょう。

まずは得意なコースから確認していきましょう。

○芝コース

中央場所では東京競馬場と中京競馬場が複勝率20%超え
ローカル場所では札幌の34%を始め、函館・福島でも25%近い複勝率を誇っています。

小回りコースが得意な産駒が多く、
広いコースでは左回りの方が走る事がわかります。

○ダートコース

中央場所では芝と対照的に中山ダートの複勝率が34%と高い数値を出しています。
その他では函館30%、小倉24%と好成績で
小回りコースが得意な産駒が多い事がわかります。

特に中山ダートは要注意です。

芝とダートの得手不得手ですが
ダートは右回り・左回り、中央・ローカル問わず20%をキープ
対して芝の方ですが中央場所、右回りは20%を切っており
この2つを満たしている時は減点が必要となります。

次に距離の適性を見ていきましょう。

芝の方は1300mが勝率10%超え
1400m以上となると勝率が半減するので
スプリント専門の種牡馬であると言えます。

対してダートの方ですが、こちらも1300m以下が好成績
距離が伸びた時は芝ほど成績が落ちませんが
ベストはスプリントと言えるでしょう。

次に重馬場の適性を確認していきましょう。

芝の方は馬場が悪くなっても成績は横ばいで
馬場悪化は全く苦にならないのが分かります。

ダートに関しては稍重までは安定した成績を残していますが
重馬場以下の脚抜きのいい馬場になってくると
成績が落ちてしまいます
ので、覚えておきましょう。

それではまとめです。

一番の特徴は距離適性で距離は短ければ短いほど力を発揮します。

芝は小回り・左回り、ダートは小回り・力のいる馬場が得意なので
舞台が変わった時には狙いを変えていきましょう。

スピード勝負は向かないのも大きな特徴ですので覚えておきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。