東京競馬場のA・B・C指定席の取り方【実体験込】

Pocket

東京競馬場(府中競馬場)には指定席が4種類あります(S・A・B・C)。

今回はA・B・C指定席の取り方とどのような内容なのかを
私が実際に指定席に座った体験をふまえて説明したいと思います。

<指定席とは?>

場所取りなどを必要がなくその日一日中を自分の席として利用できる席です。
全ての指定席がペア席となっており、ペア席真ん中のモニターで
各競馬場のレース中継、調教、インタビュー、有料チャンネルなどを見る事が出来ます。

また、フロアが一般客と別階になっており、馬券売り場も近く混雑する事もないので
ゆっくりと馬券検討する事が出来る上に落ち着いた雰囲気で競馬を楽しめるます。

<指定席の種類と価格は?>

S指定席 料金 3,000円(税込)
 4コーナー回って直線入口付近の5,6Fスタンドから競馬観戦が出来る席
 ガラス張りになっており、温度は適温に保たれている。

A指定席 料金 2,000円(税込)
 ゴール前~ゴール200m付近の5,6Fスタンドから競馬観戦が出来る席
 屋外式の座席のため、夏冬は気温に合わせた装備が必要。

B指定席 料金 1,500円(税込)
 ゴール前300m~400m付近の5,6Fスタンドから競馬観戦が出来る席
 屋外式の座席のため、夏冬は気温に合わせた装備が必要。

C指定席 料金 1,000円(税込)
 ゴール前~ゴール200m付近の5,6Fスタンドから競馬観戦が出来る席
 屋外式の座席のため、夏冬は気温に合わせた装備が必要。

指定席見取り図
             (各指定席の位置の図)

<指定席の売り場はどこ?>

メインスタンド(フジビュースタンド)3Fの指定席売場にてチケットを販売しています。

指定席売り場
          (フジビュースタンド3F 見取り図)

<指定席売り場までの行き方は?>

場所はフジビュースタンド3Fなので、西門(府中本町駅側の門)または東門から
入るよりも正門(京王線府中競馬場駅から歩いた先にある門)から
入った方が距離が短いので便利です。

後で話しますが、指定席を取るには開門時刻よりも前に並ばないと
席が取れない可能性が高いため、正門から入れるとかなり有利です。

開門ダッシュは非常に疲れますからね。

早めに競馬場に着いた人は正門まで行くと良いでしょう。

府中競馬場俯瞰図

<何時に並べば指定席を買えるか?>

レースの大きさにもよりますが、開門時には競馬場の門の前についている必要があります。

私が経験したパターンを例として出してみます。

(パターン 毎日王冠開催日 10月東京開催初日)

 当日、8時20分に西門到着。西門には既に50名近く並んでいる方がいました。
 開門ダッシュして指定席売り場まで行き100番目くらいでB指定席を購入出来ました。

 開門時(9時)には、私の後ろに300~400名の列を成していて、
 最後尾にいた人が指定席を取れたのかどうかは疑問。
 (パドックやウィナーズサークル狙いの人かもしれませんが)

<何か必要なものがあるか?>

 A・B・C指定席は雨よけこそあれども野外なので冬場は防寒着が必要ですが、
 それ以外は何も必要ありません。
 もちろん競馬新聞とペンは持参しましょう。

<指定席フロアに入った後に、一般フロアに出られるか?>

 出られます。

 最初に指定席エリアに入る際に、手の甲に透明な特殊インクのスタンプを押して貰います。
 その後は指定席エリアを出て、再び戻る際に係員にスタンプを見せれば大丈夫です。
 スタンプはトイレで手を洗っても消えないので心配はいりません。
 (過剰に何度も石鹸などで洗った際はどうなるかわかりませんが…)

<お金をかけて指定席をとる必要があるか?>

 ここは価値観によるので必要がある・ないの断言は出来ませんが、
 指定席購入に価値を感じる人、感じない人の条件を挙げてみます。

 【指定席を購入した方が楽しめる人】
  ・ゆとりをもって競馬を楽しみたい方
  ・オッズを見ながら好きなレースをゆっくり予想したいという方
  ・競馬場のワイワイガヤガヤから解放されて、競馬を楽しみたい方
 
 【指定席を購入しない方が楽しめる人】
  ・とにかく収支に拘りたいので、それ以外は1円もムダに使いたくない方
  ・朝の早起きが苦手な方、または早起きしたくない方
  ・パドックやウィナーズサークルなどを見る為にずっと動き回るという方

 私の個人的な感想としては、値段以上の価値を感じたのでオススメ出来ます。
 
 また、私は直線の攻防を見るのが好きなので、レースのドキドキ感をライヴで見られる
 B指定席の方が、A指定席よりも心地よいと感じました。 
 C席はゴール後なので、私は気が向きません。

<総評>

 いろいろな観点から指定席の説明をしましたが、理解して貰えましたか?

 私の感想としては一度指定席での観戦を経験してほしいなと思います。
 その上で自分には向いているか向いてないかを判断して貰えるといいですね。
 (基本的に私は早起きして競馬場に行くのは嫌でしたが、
  指定席ならば早起きしてもいいな、と思うようになりました)
 
 A指定席までなら、高くても2,000円ですからね。
 
 2,000円がキツイ!!という方は、
 私がメルマガでやっている馬券攻略法を使ってみて下さい。

 馬券の回収率を上げるための方法は
 私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

 登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

 メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。