レパードステークスとジャパンダートダービーの関係性と好走の秘密

Pocket

今週の重賞はレパードステークスです。

このレースですが、現在の条件になってから6回目という事で
データは十分に揃っていませんが
過去の臨戦過程から好走する馬のヒントを探していきます。

まず主な前走成績ですが

     単回収 複回収 複勝率 頭数
ジャパンダートD 111% 124% 55.6% 9頭
500万下 0% 66% 12.5% 8頭
ユニコーン 82% 52% 25.0% 4頭

となっています。

ジャパンダートダービー経由の馬が好走しているのに対して
500万下経由の馬は全くと言って良いほど成績を残せていない。

格がそのまま通用するレースではありますが
このジャパンダートダービー経由の馬を掘り下げていく事で
どんな馬が活躍しているのかを検証していきます。

一番に目を引くのは馬体重別の成績です。

「ダート=パワー」と受け取られがちですが
こと平坦で直線の長い新潟については
他のコースよりもパワーは必要とされません。

実際の成績を見てみると

460~479kg(単回収270%、複回収130% 複勝率100%) 2頭
480~499kg(単回収92%、複回収140% 複勝率40%) 5頭
500kg以上(単回収0%、複回収80% 複勝率50%) 2頭

と体重が軽い方が好成績を残しています。

一般的にパワーのある馬は馬格があり、スピードのある馬は馬格がないので
ダート戦の中でもスピード勝負になる

という事が分かるかと思います。

これを裏付けるデータがもう一つあります。

血統別の成績です。

現在はサンデー系種牡馬とキングカメハメハ産駒が
上位を占めていますが、ダートになると話は別です。

サンデー系の成績は回収率と共に落ちていき、
芝で苦戦している外国血統は成績を伸ばしていきます。

しかし、レパードステークスに限ってみると

ディープ・キンカメ(単回収173%、複回収90% 複勝率66.7%) 3頭
外国血統(単回収0%、複回収53% 複勝率33.3%) 3頭

と芝と同様の結果が出ています。

これは芝で発揮されているサンデー系のスピードが
この舞台でも活きているという事の証明でもあります。

予想する際には馬の能力・格を前提に見た上で
その馬がスピードに特化しているかを
確認していくと的中に近づく形となっていくでしょう。

予想の参考にしてください。

無料で「回収率アップ講座」というメールマガジンをやっています。
興味がある方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。