競馬雑誌「サラブレ」を格安価格で読む方法について話してみた

Pocket

KADOKAWAが出版している競馬雑誌「サラブレ」

この雑誌の魅力を伝えると同時に
格安価格で読む方法について話をしていきます。

毎月「サラブレ」読んでいる方
もしくは「サラブレ」に興味がある方は、是非参考にしてください。

 

 

サラブレはどんな雑誌なの?

サラブレとは毎月13日に発行されている月刊誌です。

重賞を攻略するための情報提供

・血統によるアプローチ
・外厩情報
・好走するための条件探索
(ローテーション、脚質、馬体重など)

特別レースの傾向分析(重賞以外)

・波乱度分析
・トラックバイアス(馬場分析)

という競馬予想に関わる王道の情報提供に加えて

重賞のレース解析(回顧)

・プロが教える勝因と敗因(競馬記者)
・上位好走馬の血統における将来予想

といった今後の競馬予想の参考になる情報を提供。

 

またこれ以外にもJRA以外の情報も掲載

海外競馬の情報

・2020年3月号だとサウジカップの特集など

記者による地方競馬のレポート

こういった情報も掲載しています。

 

それ以外でも

・騎手や調教師によるコラム
・元騎手による対談企画
・人気予想家によるコラム

と盛りだくさんの競馬情報を提供している競馬雑誌です。

 




 

サラブレの魅力って何?

私が考えるサラブレの魅力はいくつかありますが
今回は3つ挙げていきたいと思います。

 

1.コラムを書く予想家が魅力的!

血統予想家の亀谷敬正さん

馬券の収支で生計を立てる男、双馬毅さん

と言ったカリスマ予想家が惜しげもなく
予想ノウハウや注目馬を挙げてくれている。

 

2.一般の競馬誌には掲載されない深い情報が手に入る

通常の競馬誌や競馬新聞などでは
トラックバイアス(馬場分析)などについて
語っている雑誌はないですし

血統についても深く語られる事はないですが
「サラブレ」はこれらの情報を深く掘り下げて掲載してくれる。

 

3.重賞以外の注目馬を多数掲載

「サラブレ」では競馬の華であるGI・重賞レース以外の
クラスを走っている注目馬を多数掲載。

2歳戦を使った馬の評価も多数掲載している。

 

この3つが私が思う「サラブレ」の魅力です。

 



 

サラブレを格安で購入する方法とは?

「サラブレ」は1,000円で購入できます。

通販サイトを調べてみると

Amazon 紙媒体 1,000円(税込)

Amazon Kindle 770円(税込)

楽天 紙媒体 999円(税込)

楽天 紙媒体+CDROM 1,500円(税込)

大体こんな感じです。

Kindleだと若干安くなりますが
それでも800円近くかかります。

そんな「サラブレ」を格安価格で読む方法があります。

 

その方法とは…

「Tマガジン」で購読する事

 

「Tマガジン」とはサラブレに限らず
450誌以上の雑誌が好きなだけ読めるサイトになっています。

もちろん「サラブレ」もTマガジンで読めるのですが

このサイトがなんと月額440円(税込)で読めます。

 

サラブレはKindleでも770円の価格なので

Tマガジンで読むと ”43%の割引率” となります

 

しかも、Tマガジンの場合は「サラブレ」以外の雑誌も

読むことが出来る点が最大のメリットです。

Fridayや週刊文春みたいな総合誌をはじめ
ニュース・ビジネス誌、ファッションや趣味の雑誌
料理・旅行・グルメのような暮らしの雑誌
そして、ちょっとHな雑誌までも読むことが出来るので

コスパは普通にサラブレを買うのと比にならないレベルです。

 

Tマガジンはクレジットカードがあれば
1,2分で登録が出来るので
興味のある方は是非登録してみて下さい。



Tマガジンの1ヶ月無料体験はコチラから

 

ちなみに最初の1ヶ月は無料で購読できるので

とりあえず申し込んでみて、満足できるサイトかどうかを
確かめているといいと思いますよ。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

かなりトリッキーな馬を推しているので
是非、毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。