【競馬本レビュー】インスタントジョンソンじゃい著の「稼ぐギャンブル」

Pocket

今回の記事では”MOTOの競馬本レビュー”シリーズとして

「稼ぐギャンブル」(著:インスタントジョンソンじゃい)

の内容について、そしてその内容から読み取れる教訓や
本自体が良い本なのか?悪い本なのか?

という点について話していきたいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今回は久々に競馬本レビューシリーズを行っていきたいと思います。

 

取り上げる本は

「稼ぐギャンブル」です。

 

このほんの著者である

インスタントジョンソンのじゃいさんはお笑い芸人です。

正直なところ芸人としてはそれほど売れていないので

今の若い人とかは知らない人が多いのではないかと思うのですが

芸能界の中でも「ギャンブル王」として知られている人なんです。

 

競馬をはじめとしたギャンブルで勝ったお金で

”マンションを買った”という事が話題になって

この本が発売されたんですよね~

 

競馬での実績も上げていて
WIN5で3000万超えの配当を2回GETしており

『ギャンブル界のカリスマ』

といえる人です。

 

そんなじゃいさんが書いた競馬本(ギャンブル本)の

『稼ぐギャンブル』

これについては今回はお話しをさせていただきます。

 

という事で、早速行ってみましょう。

 

今回の話は完全版として動画でも話しています。

こちらはかなり細かいところまで話しているので
良かったらこちらも見て下さいね。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

「稼ぐギャンブル」とはどういう内容の本なのか?

ギャンブルで勝つ為の心構えを伝える自伝的な本

まずは「稼ぐギャンブル」とはどういう内容の本なのか?

という事を話していきたいと思います。

 

競馬本というと

「こういう馬を買えば当たる」

「こういう騎手を買えば当たる」

みたいな事を期待する人が多いと思いますが
「稼ぐギャンブル」ではそういった話はしていません。

 

この本では、

”ギャンブルで勝つ為の心構え”

を中心に伝えています。

 

まずじゃいさんが伝えているのは

「ギャンブルは運で勝てる物ではない」

ということ。

もちろん運の要素も入ってくるのがギャンブルではありますが

予想の質となる「データ」「情報」

そして、その質を扱う「メンタルの強さ」や「心のゆとり」

これが大切だという事を伝えてくれています。

 

じゃいさんは、競馬で勝つために必要な基本要素として
以下のような事を話しています。

・人の情報に耳を貸してはダメ

・実際にレースを見て、レベルを上げていく。

・馬券は自分に合うものでいい。

・パドックなんて見ても分からない。

 

結構、地道ですよね~

そして、この本では予想の前提としなくてはいけない
大切なことについても触れています。

それは「本命馬が飛ぶ条件を探していく」という事。

そして「当てる」ではなく「稼ぐ」方へ
フォーカスする事の重要性を説いています。

 

また、予想論ではなく精神論についても触れていて

感情的にならないように買うレースは決める必要がある

というような、精神面のマネジメントの重要性なども触れている本です。

 

 




 

 

「稼ぐギャンブル」から受け取れる教訓

「稼ぐギャンブル」という本は

「この馬体重だったら買いだよ」とか

「休み明けの馬はこう考えるよ」とか

具体的な予想方法のロジックを明かす本ではなく

「勝つ為に必要な考え方を学べる本」なんですよね。

 

で、その考え方はとても理にかなっているんですよね。

 

競馬を攻略するために知っておくべきことって2つあるんですよ。

一つは他の馬券購入者とのお金の奪い合いだという事。

もう一つは高い控除率が設けられているという事。

”人の情報に耳を貸してはダメ”

なんて正に競馬攻略という情報の神髄を極めています。

 

他人と差をつけないといけないゲームなのに
他人と同じ事をやっていれば

当然、控除率分マイナスになる訳ですからね。

 

また「当てる」ではなく「稼ぐ」方へフォーカスする

というのも、競馬の本質を掴んでいるんですよ。

 

馬券を買う大体の人って当てに行くじゃないですか?

当てに行くという事、人気馬を買うと言うこと。

人気馬を買うという事は、その他大勢と同じ行動をとること

つまり、当てに行った時点で

控除率分マイナスになるという事です。

 

つまり、じゃいさんの「稼ぐギャンブル」という本は

競馬というゲームの本質を明確にして

その本質をクリアする為の

「ギャンブルの地力」を鍛えられる本になっていると言うことです。

 

 



 

 

まとめ

お笑い芸人インスタントジョンソンじゃいさんの
「稼ぐギャンブル」は具体的な競馬予想法ではなく

競馬予想をする上で前提条件として
知っておかなくてはいけないこと

について話をしている本です。

 

ですので、「血統についてはこう見る」とか

「調教をこう見る」「騎手・厩舎をこう見る」

みたいな予想論を期待して買うと
ちょっと肩すかしを食らったような気になるかもしれません。

ただ、どんな優秀な予想論を持っていようが

じゃいさんが語っているような基礎の理論を知らないと
競馬で勝てるようになりません。
(競馬以外の勝負についても同じなのですが)

 

ですので、いつも何となく新聞の印を見て
新聞の印を受けて予想をしてしまう人や

「競馬は当てることが大事」というような
間違った認識を持っている人

必ず読んでおきたい本だといえます。

 

勝つ予想をしたい方は

是非、一度読んでみてくださいね。

 

じゃいさんの「稼ぐギャンブル」は
以下から購入することが出来ます。

稼ぐギャンブル(実践編) の購入はコチラ

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング