競馬雑誌「週刊ギャロップ(Gallop)」の情報量、情報力など評価してみた

Pocket

産経新聞社が出版している競馬雑誌「週刊ギャロップ(Gallop)」

この雑誌を情報力について評価をしてみました。

毎月「週刊ギャロップ(Gallop)」読んでいる方
もしくは「週刊ギャロップ(Gallop)」に興味がある方は、
是非参考にしてください。

 

 

週刊ギャロップ(Gallop)はどんな雑誌なの?

週刊ギャロップ(Gallop)とは毎週月曜日に発行されている週刊誌です。

掲載されるコンテンツは主に以下のものです。

重賞や特別競走に出走する馬柱及びその特集

重賞や特別競走のレース回顧

POGのコーナー
有力馬の次走報
地方競馬の記事

といった今後の競馬予想の参考になる情報を提供。

 

それ以外でも

・伝説の馬主吉田照哉さんによるコラム
・元騎手の岡部幸雄さんによる対談企画
・人気予想家井崎脩五郎さんによるコラム
・評論家合田直弘さんによるコラム

と盛りだくさんの競馬情報を提供している競馬雑誌です。

 




 

週刊ギャロップ(Gallop)の情報力を評価

週刊ギャロップ(Gallop)という雑誌を見てみると
GIや重賞などのビッグレースや特別競走などについての
情報がかなり多く盛り込まれている事が分かります。

 

2021年5月に行われたヴィクトリアマイルを例に挙げてみると

1番人気が予想されるグランアレグリアに特集記事が2ページ
レシステンシア、テルツェット、デゼルに特集記事が各1ページ

と特集記事で5ページ

馬柱、前走のコメント、中間の調教状況、調教タイム
メインとなる予想家の予想も含めて合計4ページに掲載。

元調教師の白井寿昭さん、岡田牧場の牧場主岡田牧雄さんの
ヴィクトリアマイルに関する見解が2ページに掲載

データによる出走予定馬の評価に1ページ

出走予定馬の調教師のコメント及び
実績、血統、適性、取材、データなどのファクター分析が
合計で4ページにわたって掲載

詳細なデータ分析、血統分析が各2ページにわたって掲載。

とこれだけの量がヴィクトリアマイルに割かれています。

 

合計ページをカウントしてみると

特集記事 5ページ
馬柱など基本情報 4ページ
専門家による見解 4ページ
調教師コメント及びファクター分析 4ページ
データ分析、血統分析 5ページ

合計で22ページもの記事が掲載されています。

 

どの競馬雑誌を見てみても
ここまで1つのレースにページを割いている雑誌は少なく

週刊ギャロップ(Gallop)の情報量は業界トップだと言えます。

 



 

週刊ギャロップ(Gallop)の魅力・面白さを評価

週刊ギャロップ(Gallop)の魅力は情報量の多さにあります。

これだけ情報量が多いと何がいいのかというと、私はこう思います。

”土日を待たずして競馬予想が楽しめる”

これです。

 

ギャロップに掲載されている馬柱を見ると
本物の競馬新聞さながらに
予想家の印がついているんですよね~

レースによっては30頭以上登録がある中でも
ちゃんと◎〇▲△の印がついているので
それをネタに競馬仲間との談議がめっちゃはずみます。

余談ですが、私が大学生だった頃
友人が毎週月曜日の夕方にギャロップを買ってきて

火曜日から金曜日まで講義そっちのけで
ずっと競馬の話をしていたような気がします。

競馬ファンが競馬を楽しいと思えるようなネタを
提供してくれるというのが

私が考えるギャロップの最大の魅力です。

 

あと、私が大好きなのが「次走報」です。

これも競馬ファンの心をくすぐるんですが
オープン馬たちが次走どんなレースに出走を予定しているのか

という事を全頭分掲載されているんですよね。

これも競馬ファンが談議をするのに十分なネタです。

 

そして、レース回顧も充実しているんですよね~

レース回顧などはスポーツ新聞とかでも
せいぜい2ページくらいしか、掲載されていないものですが
ギャロップの場合は違いますよ。

先ほどのヴィクトリアマイル2021を例に出してみると

グランアレグリア勝利とコメントの写真で4ページ
出走馬の各陣営のコメントで1ページ
全着順と出走騎手のコメントで1ページ

合計6ページの特集を組んでいます。

ここに加えて土曜日の重賞である京王杯スプリングカップでも
普通に3ページくらい特集を組んで結果を報じているので

競馬ファン同士で先週はああだったこうだったという
競馬談議に花が咲くわけですよ。

 

とかくトリッキーな事はやっていないのですが

”とにかくブ厚く報じる”

という情報量の多さがギャロップの魅力ですね。

 

 

週刊ギャロップを格安で購入する方法とは?

「週刊ギャロップ」は750~800円で購入できます。

通販サイトを調べてみると

サンスポe-shopn 紙媒体 750~800円(税込)

Fujisan.co.jp 電子媒体 720円(税込)

Amazon 紙媒体 750~800円(税込)

大体こんな感じです。

「Fujisan.co.jp」だと若干安くなりますが
それでも700円以上はかかります。

そんな「週刊ギャロップ」を格安価格で読む方法があります。

 

その方法とは…

「楽天マガジン」で購読する事

 

「楽天マガジン」とは週刊ギャロップに限らず
500誌以上の雑誌が好きなだけ読めるサイトになっています。

もちろん「週刊ギャロップ」も楽天マガジンで読めるのですが

楽天マガジンはなんと月額418円(税込)で読めます。

 

週刊ギャロップは750円以上(税込)の価格なので

楽天マガジンで読むと ”86%の割引率” となります

 

しかも、楽天マガジンの場合は「週刊ギャロップ」以外の雑誌も

読むことが出来る点が最大のメリットです。

SPAや週刊朝日、サンデー毎日みたいな総合誌をはじめ
ニュース・ビジネス誌、ファッションや趣味の雑誌
料理・旅行・グルメのような暮らしの雑誌
そして、ちょっとHな雑誌までも読むことが出来るので

コスパは普通に週刊ギャロップを買うのと比にならないレベルです。

 

楽天マガジンは楽天市場のアカウントがあれば
1,2分で登録が出来るので
興味のある方は是非登録してみて下さい。

月額418円で雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

ちなみに最初の1ヶ月は無料で購読できるので

とりあえず申し込んでみて、満足できるサイトかどうかを
確かめているといいと思いますよ。

 

 

まとめ

ここまで

週刊ギャロップ(Gallop)の情報量を評価
週刊ギャロップ(Gallop)の魅力・面白さを評価

について語ってきましが

週刊ギャロップ(Gallop)はベーシックな事を
懇切丁寧に伝える事で価値を伝えている雑誌だと言えます。

馬券の必勝法や血統予想といったような
予想に関するディープな事は語られていないのですが

シンプルな作りになっていて、
ライトなファンも楽しめる仕上がりになっています。

競馬が大好きな方、競馬ファンと色々な話で盛り上がりたい方は
是非、週刊ギャロップ(Gallop)を読んでみてくださいね。
(格安で読む方法については上でお話ししています)

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

かなりトリッキーな馬を推しているので
是非、毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ