2017年新種牡馬エスポワールシチー産駒の特徴と適性を分析

Pocket

2017年がスタートしましたが
今年はオルフェーヴル、ロードカナロアといった注目種牡馬の産駒がデビューしますが
時を同じくして産駒のデビューが予定されている種牡馬といえば エスポワールシチー です。

エスポワールシチーはゴールドアリュール産駒として
ダート王者として一時代を築き上げました。

中央・地方合わせてGI9勝を収めたエスポワールシチーですが
現役時代のエスポワールシチーの走りと照らし合わせてうえで
分析して産駒の特徴を挙げていきたいと思います。

2017年にデビューを予定している他の種牡馬の産駒特徴については以下から確認して下さい。

2017新種牡馬の特徴を徹底予想、注目馬の産駒は走るのか?

 

一つお断りしておきたいのですが
種牡馬の特徴というと血統に深く入り込んで話をする形が多く見受けられますが
ここでは血統という要素を極力減らして
エスポワールシチーという個の特徴から産駒の個性を分析しています。

そのような形にした理由は2つあります。

・血統に詳しくない人にも分かりやすく説明をするため

「競馬は血のロマン」という言葉があるように血統は競馬の魅力の一つですが
奥が深いがゆえに、初心者には入りづらいという面があります。
競馬は楽しんでなんぼだと思っていますので「血統分からない奴は予想をするな」
というような排他的な考えは持ちたくなかったので、個を中心に分析をして
全員が分かるような形で分析を行っています。

・血統のみの分析によるミスマッチを防ぐため

  サンデー系の種牡馬が席巻している日本競馬界において
同じ血統や似たような血統は多数存在します。

例えば、ディープインパクトとブラックタイドは父も母も同じなので、
血統面からいえば全く同じ適性の産駒が誕生するはずですが、
実際の産駒特徴は全く異なります。
それはディープインパクトとブラックタイドが全く違う能力で
違う適性を持っているからに他ならないのですが、
血統だけで分析を行うとそういった点を見過ごす可能性が高くなります。

そういった事を防ぐため、ここでは個の特徴を中心にお話をしています。
血統に特化した分析を聞きたいという方は他の方が行っている分析を聞くことをオススメします。

それでは、分析をはじめていきます。

動画でもお話をしているので、動画で見たい方は以下から見て下さい。

 

前提としてお話しをしておきたいのですが
今の日本競馬界ではダートで名を馳せた馬は種牡馬として成功していません。

歴代のダート王者、カネヒキリ、ヴァーミリアン、ブルーコンコルド、
スマートファルコンなどの種牡馬成績を見ていると分かるかと思います。

唯一成功したと言えるのはゴールドアリュールとアドマイヤドンの2頭ですが
この2頭については共通点があります。

ゴールドアリュールに関してはサンデーサイレンスの血を引いている事と
日本ダービーで5着に入った芝でも通用するスピードと体力を持ち合わせていた事。
アドマイヤドンに関しては2歳GIながら芝のGIを勝ったという事

この共通点から見てとれるのは、芝で走れるスピードがない馬は種牡馬として厳しいという事です。

ゴールドアリュールの子供でありながら、芝での実績がない
エスポワールシチーは種牡馬として成功出来るでしょうか?

過去のダートチャンピオン達を見ていると難しいと言わざるを得ませんが、
エスポワールシチーの特徴から産駒の傾向を読んでいき分析をしたいと思います。

 

< 競馬場、馬場について >

現役時代のエスポワールシチーはスピードに優れたダート馬でした。

フェブラリーステークスを足かけ5年走破圏内に入ったように
スピードが必要な中央のダート戦で長く活躍しました。

産駒もその傾向を引き継いでいく確率は高く、
スピード系のダート馬が誕生するでしょう。

そのぶん、中山などのタフな馬場や地方の深いダートだと苦戦しそうです。

 

< 距離、性格・気性面について >

得意な距離はマイル前後です。

エスポワールシチーはそのスピードから2000mのレースでは人気に応える事は出来ませんでした。
スピードが勝っているので、どうしても距離が伸びていくと最後にスタミナ切れを起こします。

またエスポワールシチーは体力のあるタイプだったので、
本質的に距離をこなせない訳ではありませんが、
前向き過ぎる気性が改善されないと長い距離はこなせるようにならないでしょう。

それゆえに気性がおっとりした馬なら長い距離も対応は可能です。

逆に繁殖牝馬側が短距離志向だった場合は短い距離にも対応してくるでしょう。

 

< 成長曲線について >

成長曲線は晩成型タイプです。

エスポワールシチーのデビューは3歳の春。
それから、しばらく芝を使っていた事もありますが、活躍しだしたのは3歳の秋。

そして多少の衰えは見せたものの8歳までGI戦線で走り続けて来ました。
スピード馬には珍しく、息の長い活躍をしたダート馬でした。

このキャリアから産駒も晩成型が誕生してくるでしょう。

 

< まとめ >

ここまでエスポワールシチーの特徴から見た誕生するであろう産駒の特徴を話してきました。

特徴に沿った産駒は誕生すると思いますが、
冒頭でお話したように芝での実績が皆無(未勝利勝ちのみ)
という点を考えると芝を主戦として成績を残し種牡馬になった馬達
と比較すると能力不足の感が否めません。

エスポワールシチーが種牡馬として成功を収める事は難しいとは思いますが、
ゴールドアリュールの血を後世に残すためにも
そしてダート種牡馬の地位向上のためにも頑張って欲しいものですね。

 

 

今回の話とは別に馬券の回収率を上げるための方法は
私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。