2017年新種牡馬ローズキングダム産駒の特徴と適性を分析

Pocket

2017年がスタートしましたが
今年はオルフェーヴル、ロードカナロアといった注目種牡馬の産駒がデビューしますが
時を同じくして産駒のデビューが予定されている種牡馬といえば ローズキングダム です。

最強世代の呼び声が高い世代に生まれ、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、ヒルノダムール、ペルーサらと凌ぎを削り、朝日杯フューチュリティステークスとジャパンカップ(ブエナビスタ降着による繰り上がり)のGI2勝を挙げた馬ですが
現役時代のローズキングダムの走りと照らし合わせてうえで
分析して産駒の特徴を挙げていきたいと思います。

 

2017年にデビューを予定している他の種牡馬の産駒特徴については以下から確認して下さい。

2017新種牡馬の特徴を徹底予想、注目馬の産駒は走るのか?

 

一つお断りしておきたいのですが
種牡馬の特徴というと血統に深く入り込んで話をする形が多く見受けられますが
ここでは血統という要素を極力減らして
ローズキングダムという個の特徴から産駒の個性を分析しています。

そのような形にした理由は2つあります。

・血統に詳しくない人にも分かりやすく説明をするため

「競馬は血のロマン」という言葉があるように血統は競馬の魅力の一つですが
奥が深いがゆえに、初心者には入りづらいという面があります。
競馬は楽しんでなんぼだと思っていますので「血統分からない奴は予想をするな」
というような排他的な考えは持ちたくなかったので、個を中心に分析をして
全員が分かるような形で分析を行っています。

・血統のみの分析によるミスマッチを防ぐため

  サンデー系の種牡馬が席巻している日本競馬界において
同じ血統や似たような血統は多数存在します。

例えば、ディープインパクトとブラックタイドは父も母も同じなので、
血統面からいえば全く同じ適性の産駒が誕生するはずですが、
実際の産駒特徴は全く異なります。
それはディープインパクトとブラックタイドが全く違う能力で
違う適性を持っているからに他ならないのですが、
血統だけで分析を行うとそういった点を見過ごす可能性が高くなります。

そういった事を防ぐため、ここでは個の特徴を中心にお話をしています。
血統に特化した分析を聞きたいという方は他の方が行っている分析を聞くことをオススメします。

それでは、分析をはじめていきます。

動画でもお話をしているので、動画で見たい方は以下から見て下さい。

 

< 競馬場、馬場について >

この馬の得意な舞台は東京コースでした。

日本ダービー、ジャパンカップと好走しているように豊富なスタミナを武器に
広々としたコースで体力勝負に持ち込んだ時に好走するというパターンの馬でした。

逆にスプリングステークスや皐月賞では人気を裏切ってしまったように
小回りで器用さを求められる条件では脆さを見せました。

父キングカメハメハに母父サンデーサイレンス、
日本競馬界における王道血統ゆえに特徴のないのがローズキングダムの特徴だと言えます。

良く言えば、どんな条件にも無難に対応する馬ですが、悪く言えばこれと言った武器のない馬。
ですので、総合力で上回るけれども、一点突破型の馬にやられる事が多い馬でした。

菊花賞では総合力で抜けた存在ながらも、スタミナが必要なレースになったことで
豊富なスタミナを武器にしたビッグウィークに後れをとりましたことからも分かると思います。

 

< 距離について >

得意な距離は2400m前後です。

1600m戦の朝日杯フューチュリティステークスを勝ったローズキングダムですが、
最も安定したパフォーマンスを見せたのは2400m

日本ダービー、ジャパンカップ、神戸新聞杯では好走を見せたように
広いコースでゆったりと走れる距離が最もこの馬に合っていると言えるでしょう。

産駒も中距離から長距離で活躍を見せそうです。

 

< 性格、気性面について >

ローズキングダムの気性や性格面についてですが、
ゆったりしたコースで活躍しているようにおおらかな性格でした。

逆に闘争心や走りに対する前向きさがあるタイプではないので、
小回りの混戦や多頭数での競馬は向かない馬でしたので産駒にもその性質は受け継がれるでしょう。

逆に狙い目は広いコースへの舞台替わり、
少頭数での競馬、休み明けでの競馬などがあげられます。

 

< 成長曲線について >

産駒は早熟傾向を見せるでしょう。

ローズキングダム自身が最も高いパフォーマンスを見せたのは
2歳に走った朝日杯フューチュリティステークス

苦手な中山コースでも、苦手さを感じさせない勢いがありました。

しかし、3歳になってからは中山で格下相手に取りこぼす姿が見受けられ、徐々に勢いがなくなってきました。

それでも3歳までは能力通り走っていましたが、4歳から急激にパフォーマンスが低下。
晩年は可哀想なくらいに凡走が続きました。

ローズキングダム自身が典型的な早熟傾向を見せた馬なので、
産駒もローズキングダム同様の成長曲線を見せるでしょう。

 

< まとめ >

ローズキングダムは総合力で勝負するタイプの馬だったので、
産駒もこれと言った特徴のない柔らかい馬が誕生するでしょう。

武器がない馬は全体の能力で他馬を上回らないと勝てないので、産駒の成績は厳しくなりそうです。

またローズキングダムの早熟傾向を引き継いでいくので、狙い目はデビュー戦をはじめとした2歳戦。

長期の休み明けなどで出走した場合は注意が必要となるでしょう。

絶対的に高い競走能力を持っていた馬ではないので、苦戦が予想されます。

サンデーサイレンスの血も引いており、配合相手もオールウェルカムではないので、
残念ながら種牡馬として活躍する事は難しいでしょう。

 

 

今回の話とは別に馬券の回収率を上げるための方法は
私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。