豪快な騎乗は性格?川田将雅騎手を分析!!長所・短所を探る


浜中騎手と並んで関西の若手をひっぱるホープといえば
「川田将雅騎手」です。

騎手インタービューの時の堂々とした立ち振る舞い
馬を追うときの豪快なフォームと水車ムチ
なにかカリスマ性を感じる川田騎手ですが
本人の性格を含めた長所・短所を分析してみました。

川田騎手の性格は自他共に認める負けず嫌いだそうです。
勝負の世界に生きる人間は負けてもOKと思っていては
ダメだと思いますが、性格が度を超えると肝心の勝負に影響が出ます。
競走馬でいうとかかりすぎては走らないという事ですね。

加えて普段の立ち振る舞いから肝が据わった人であることも見てとれます。

これが上手く噛み合うとジェンティルドンナの代打オークス勝利のような
最高のパフォーマンスを発揮出来ます。
余談ですが、ジェンティルドンナの最高のレースはオークスだと思っているので
岩田騎手よりも川田騎手の方が手が合うと思いますが。

逆にマイナスに噛み合うとダッシャーゴーゴーで2回のGI降着のように
勝とうとする気持ちが粗い騎乗に繋がってしまいます。

JRAの成績を出している若手騎手に共通している
腕っ節の強さというのは持っていますし
レースの駆け引きの未熟さも持ち合わせています。
勝利数の割に重賞勝ちが少ないのは、この要素が大きいです。

ただ、川田騎手は性格からして浜中騎手や三浦騎手よりも
早くに重賞勝ち数が伸びるのではないかと思います。
度胸が据わっているというのは大舞台で活躍出来る条件ですからね。

池添騎手が大舞台に強いのは「度胸」という武器があるからで
川田騎手も度胸を武器にいい馬に巡り会っていくのかなと思います。

長所・短所をまとめて買える馬・買えない馬を考えると

追わせる馬や推進力タイプは腕っ節の強さから買い
また性格的に差しをズバっと決める方が得意
繊細な馬、仕掛けどころが難しい馬はまだ難あり
将来性は若手騎手の中でNO1

このような評価が出来ます。

馬券予想をする上で参考にして下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。