GIからの臨戦は苦戦傾向?毎日王冠コース分析

Pocket

中山開催も終了して、今週から東京開催です。
メインレースは毎日王冠

天皇賞、マイルチャンピオンシップを狙う馬が出走してくるレースですが
どのような馬がこのレースで活躍しているのか
前走成績から傾向を掴んでいきましょう。

主な前走レースを見てみると

     単回収 複回収 複勝率 頭数
安田記念 53% 33% 20.0% 20頭
宝塚記念 113% 91% 31.3% 16頭
エプソムC 69% 61% 30.0% 10頭
札幌記念 131% 90% 30.0% 10頭

となっています。

GIからの臨戦はあまり成績が良くありません。

最高峰のレースを使ってきた馬の成績がなぜ良くないのか
このあたりにレース攻略のヒントがありそうなので
安田記念、宝塚記念を掘り下げていく事で傾向を見てみましょう。

まずは安田記念ですが、いくらGIに出走していても
能力の低い馬はG2最高峰である毎日王冠では活躍できていません。

前走9着以内という条件で絞ってみると

(単回収66%、複回収41% 複勝率25%) 16頭

全体的に数値が上がっていきます。

ここに前走9番人気以内と更に実力の要素を加えていくと

(単回収82%、複回収50% 複勝率30.8%) 13頭

こちらも全体的な数値が上がっていきます。

GIからG2へのダウン戦とはいえ
能力の担保がない馬は活躍できません。

次に距離適性ですが、毎日王冠は安田記念から見ると距離延長戦

逃げ、番手で競馬をしていた馬にとっては負荷がかかるので
この条件を除くと更に率は上がります。

前走4角3番手以下(単回収97%、複回収60% 複勝率36.4%) 11頭

ここに年齢の要素を加えていきます。

毎日王冠は全体として年齢の若い馬が活躍するレース
ですので、5歳以下という条件を加えると

(単回収152%、複回収94% 複勝率57.1%) 7頭

信頼できる数字に変わってきます。

そして毎日王冠と言えば東京開幕週の重賞という事で
前に有利に働く傾向があります。
後方からの上がり勝負というような馬は苦戦を強いられます。

前走上がり3F4位以下だった馬でさらに抽出をかけると

(単回収267%、複回収137% 複勝率75%) 4頭

現在の能力が十分にあり、脚質の自在性がある馬

を狙っていきたいですね。

次に宝塚記念を見てみます。

こちらも安田記念同様、能力の担保は必要です。

前走0.5秒以内で絞ってみると

(単回収295%、複回収275% 複勝率75%) 4頭

毎日王冠と宝塚記念では求められる正反対ですが
中距離最高峰のGIで好勝負をしている馬は成績を残せています。

着差ではなく着順でも同じ傾向を見せます。
前走5着以内で絞ってみると

(単回収364%、複回収184% 複勝率60%) 5頭

この条件に脚質の要素を加えてみると

前走上がり3F6位以下(単回収606%、複回収306% 複勝率100%) 3頭

となります。

適性こそ違いますが、レース間隔がそれほど空いていない点もプラスされ
宝塚記念と毎日王冠は好相性です。

毛嫌いしないようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。