競馬ビジネスに時間量は関係なし、「収入=実力」の世界

Pocket

競馬ビジネスについて

「時間をかけずに出来るならやってみたい」

という意見を貰う事があります。

これについて、ひとつお答えをしたいと思います。

“ビジネスにどれくらいの手間(時間)を要するのか”

という点については「分かりません」と回答しています。

なぜかというと「時間量=成果」とならないからです。

私は3年前からビジネスを始めていますが
最初の2年間は月2000円位しか稼げませんでした。

仕事をしながらでも1日2~3時間程度学んだり実践したりしていましたし
休みの日は10時間くらいパソコンに向かっている時もありました。

それでも全然成果が出ませんでした。

色々要素があるんですが、これだけやっても成果が出ない背景には
ビジネスは「収入=実力」という絶対ルールがあるという事に起因しています。

特にインターネットビジネスはその傾向が顕著で
オールオアナッシング的な感じが剥きだしになっています。

それゆえ実力がある人は1ヶ月で100万円稼げるようになった人もいます。

日本はサラリーマンでもバイトでも

「時給」、「月給」、「残業代」

という時間量をお金に換算するシステムが定着しているので
なかなかピンとこないかもしれませんが
自分でビジネスをするとパラダイムが変わります。

ちなみに競馬ビジネスを始める事、始めたての頃はエネルギーが必要です。

そのエネルギーの原動力となるのが

「理念」「情熱」「夢」「不安」「不満」などの感情です。

このエネルギーがないのであればビジネスを始めるのは難しいと言えます。

これは「時間量=成果」という価値観に慣れているせいですね。

時間をかけているのに成果が出ないとモチベーションが持続しなくなります。

「お金」を求めて行動すると大抵ここで行き詰ります。

なので、貴方が競馬ビジネスを始めたいと思った時は
原動力となる感情があるかどうかを確認して下さい。

競馬ビジネスのやり方については
無料オンラインセミナーという形で講座を開いています。

登録は無料なので、興味があったら以下をクリックして登録して下さい、

https://beast-ex.jp/fx4558/business

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。