ジャパンカップの有利な枠はコレ、穴馬激走と枠順には密接な関係があった!

Pocket

今回はジャパンカップにおける有利枠の分析を行っていき
期待値の高い枠順を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

 

 

どうも、MOTOです。

秋の古馬王道GIと言えば天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱり大きなGIは的中させたいものですよね。

 

そんな思いを実現させるべく、

”ジャパンカップにおける有利な枠”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

 

データを取得期間は2011~2020年、
東京競馬場で行われたレースに限定して分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ジャパンカップで有利な枠の分析

全体的な枠順分析

まずはジャパンカップの全体的な枠順成績を見てみます。

 

1~3枠は複勝率が20%を超え、複勝回収率も最も良い数値が出ている中
4~6枠は複勝率が10%以下で、複勝回収率も低調な数字となっており

”ジャパンカップは内枠が有利” と言えます。

じゃあ、内枠が有利なんだね。

だけで終わってしまうと分析にならないので
もう少し掘り下げて成績を見てみましょう。

 




 

内枠の馬が活躍するのはなぜか??

なぜ内枠の馬が活躍するのか…

枠順別成績を掘り下げて見ていきましょう。

 

まずは過去に1~3枠に入った馬の前走レース名別成績を見ていきましょう。

 

天皇賞秋組が圧倒的で 【4.1.5.13】
そして秋華賞組が 【1.1.1.1】

ここが目立つところですね。

 

ここで上記の条件で前走距離別成績を見てみると

 

前走から距離を延長した馬が 【5.2.6.21】

複勝回収率 145% 

と好成績を収めています。

ジャパンカップは天皇賞秋からすると400m距離が延びる為
体力をロスする条件に変わる訳ですが

内枠でロスなくコーナーを回った方が
体力を温存することが出来るので、
パフォーマンスを存分に発揮している

という事が分かりますね。

 

ここで前走着順別成績と前走人気別成績を見ていきましょう。


(前走着順別成績)

 


(前走人気別成績)

 

前走1着でジャパンカップも連続で好走している馬と
前走で6着以下に負けていてジャパンカップで巻き返している馬と
2つのパターンがありますので、詳しい内訳を見ていきましょう。

 

過去に1~3枠で馬券に入った馬を見てみます。

 

前走で天皇秋を走った馬は以下の10頭

アーモンドアイ 1着(1番人気:2020年)
スワーヴリチャード 7着(5番人気)
ワグネリアン5着(4番人気)
キタサンブラック 1着(1番人気)
ラストインパクト 12着(9番人気)
ラブリーデイ 1着(1番人気)
エピファネイア 5着(4番人気)
トーセンジョーダン 11着(10番人気)
ブエナビスタ 4着(1番人気)
ジャガーメイル 9着(9番人気)

このうち1番人気1着でジャパンカップを勝ったのはアーモンドアイのみ

キタサンブラック、ラブリーデイは着順を落としており
天皇賞で勝った馬は激戦の疲労が出てきて
パフォーマンスが下がっている事が分かります。

天皇賞秋で惜敗している馬でジャパンカップ内枠に入った馬を狙いたいですね。

 



 

外枠の馬がなぜ健闘しているのかを分析する

次に東京芝2400mでは不利とされている
外枠の馬がなぜ健闘しているのか…

7,8枠に入って馬券内に入った7頭について掘り下げましょう

(7,8枠は成績は【3.2.4.40】です)

 

まずは過去に7,8枠に入った馬の前走レース名成績を見ると

 

天皇賞秋が 【1.1.3.12】 と一番に来ている中で

凱旋門賞や京都大賞典経由の馬が馬券に絡んでいます。

先ほどの内枠に入った馬について体力を温存できると言いましたが
外枠はスタミナ勝負をするタイプの馬なら
それほどデメリットになっていない事が分かります。

長距離志向・スタミナタイプの馬は
道中揉まれることがない分、力を発揮する可能性が高くなります。

 

最後に上記の条件での上がり3ハロン順別成績を見ていきましょう。

 

上がり3位以内 【2.1.2.6】
上がり4位以内 【0.0.1.22】

上がり3位以内が好走の必須条件だと言えます。

ジャパンカップは東京で行われるGIレースなので
長距離でも末脚の力、速さが問われるレースになっています。

ですので、長距離志向でも末脚の力がある事が前提になりますね。

 


 

ここから分かるジャパンカップの有利枠ポイントは以下の3点となります。

・内枠(1~3枠)は有利、中枠が不振

・天皇賞秋組は内枠が有利で、凡走した方が好成績を出しやすい。

・外枠はスタミナタイプの馬なら対応が可能

ここを押さえておきたいですね。

 



 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑