ジャパンカップ2022の有利な枠はコレ、穴馬激走と枠順には密接な関係があった!

Pocket

今回はジャパンカップにおける有利枠の分析を行っていき
期待値の高い枠順を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

どうも、MOTOです。

秋の古馬王道GIと言えば天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱり大きなGIは的中させたいものですよね。

そんな思いを実現させるべく、

”ジャパンカップにおける有利な枠”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

データを取得期間は2012~2021年、
東京競馬場で行われたレースに限定して分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
消し馬の情報はコチラ ⇒ 人気ブログランキングへ

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ジャパンカップで有利な枠の分析

全体的な枠順分析

まずはジャパンカップの全体的な枠順成績を見てみます。

1~3枠は複勝率は30%を超え、バンバン馬券に絡み
7~8枠は7頭が馬券に絡んでいるものの
複勝率は16%と1~3枠の約半分の数字

”ジャパンカップは内枠が有利” と言えます。

じゃあ、内枠が有利なんだね。

だけで終わってしまうと分析にならないので
もう少し掘り下げて成績を見てみましょう。




なぜ外枠は苦戦する傾向にあるのか…

なぜ外枠は苦戦する傾向があるのか…

枠順別成績を掘り下げて見ていきましょう。

ジャパンカップに限らず、東京芝2400mという舞台は
内が有利で、外枠が不利という舞台になっています。

広いコースなので、内枠でも馬券に揉まれる心配がなく
コーナーでの距離の恩恵が受けられるという点がメリットですね。

逆に外枠はコーナーで長い距離を走らされるという事で
外枠の馬は不利を被っているというシンプルな理屈です。

その中で外枠の不利を覆している馬はどんな馬なのか

分析していきましょう。

まずは過去に7,8枠に入った馬の
前走上がり3ハロン順別成績を見ていきましょう。

上がり3ハロン1~3位 【2.0.3.7】

上がり3ハロン4位以下 【0.0.1.25】

前走で速い上がりを使っている事が絶対条件です。
(前走凱旋門賞を使っている馬は除く)

体力で押し切る馬はロスを思いきり被りますが
末脚を持っている馬は外を回らずとも脚をためられます。

体力よりもスピードに特化した馬を狙いたいですね。

次に過去に7,8枠馬の前走レース別成績を見ていきましょう。

凱旋門賞を除くと天皇賞秋か秋華賞の2択

どちらも2000m戦でスピードを求められるレースなので
体力よりもスピードという傾向は顕著ですね。



内枠馬の好走要因を分析する

次になぜ内枠馬の好走要因を考えていきます

まずは過去に1~3枠に入った馬の前走レース名成績を見ると

天皇賞秋、京都大賞典、秋華賞、神戸新聞杯と続きますが
いまいち傾向がつかめないので、別の観点からみていきます。

過去に1~3枠に入った馬の前走距離別成績を見ると

距離延長 【5.2.6.21】
同距離  【2.2.0.10】
距離短縮 【0.0.0.8】

となっており、圧倒的に距離延長組が有利です。

内枠で距離の恩恵を受けるという事は
スタミナ型よりもスピード型の方が有利になります。

物理的に納得のいくデータですね。

もう一つ、過去に1~3枠に入った馬の前走着順別成績を見ると

前走1~3着 【5.2.3.16】
前走4,5着 【0.0.2.7】
前走6着以下 【2.2.1.16】

率で言えば、前走で馬券に絡んだ馬が圧倒的に上ですが
前走で惨敗した馬(6着以下)の馬も高確率で馬券に絡んでいます。

距離の恩恵をバックボーンに惨敗組が巻き返す。

そんなシナリオに注意ですね。

以上がジャパンカップの枠順別特徴となります。


ここから分かるじゃぱの有利枠ポイントは以下の4点となります。

・内枠は絶対的に有利、外枠は不利

・7,8枠は上がりの脚を使えればチャンスあり

・1~3枠は距離延長組が有利

・1~3枠は前走の着順は関係なし

ここを押さえておきたいですね。



MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑