菊花賞2023の大穴馬はコレ、荒れるレースの立役者を過去データから分析!

「競馬ラボ」の情報は本物です。

メディアに多数出演している水上学さんが渾身の本命馬&お宝穴馬を公開!

他にも安藤勝己(GI週のみ)、大島麻衣(元AKB48)の予想
騎手コラム、独占インタビューなど限定情報を配信

とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

 

 

今回は菊花賞2023における穴馬が発生する傾向を分析していき
期待値の高い大穴馬を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

 

[toc]

 

どうも、MOTOです。

秋の3歳最強馬を決める菊花賞が間近に迫っています。

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱり重賞は的中させたいものですよね。

そんな思いを実現させるべく、

”菊花賞2023で活躍する穴馬の条件”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

データを取得期間は2013~2022年
京都・阪神競馬場で行われた8年間分からデータから分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

他の重賞レースの大穴予想については以下で確認して下さい。

(参考)【重賞年間一覧】レース傾向、荒れるレース条件(大穴予想)まとめ

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

【芸能人競馬予想 公式LINEが出来ました】

芸能人競馬予想の集計から最も確率(期待値)が高いと判断した予想を
毎週1鞍、厳選勝負レースとして公式LINEで公開しています。

無料LINE登録はココから

お友達登録、宜しくお願いします!!

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

菊花賞2023で発生する大穴馬の分析

全体的な人気順別成績の分析

まずは菊花賞の穴馬の成績を
単勝オッズ別成績から見てみます。

データは2013年以降の8年間で成績を取っており
単勝15倍以上の馬でデータを取っていますが

単勝15倍以上の馬の成績は 【0.5.6.117】

複勝率は 8.6% とまずまずの確率

単勝15.0~49.9倍に絞ると 【0.5.6.43】

複勝率 20.4%

かなりの高確率となります。

ただ、過去10年で10頭が馬券に絡んでいる事から

1年に約1回、単勝15倍以上の馬が馬券に絡んでいる

と言えますよね。

その点からも馬券考察からしても切り離すことは出来ないです。

という事で、馬券に絡める馬はどういう馬か調べていきましょう。

 




 

重量級の馬は対応が厳しい

まずは菊花賞における単勝15倍以上の馬の
馬体重別成績を見てみます。

499kg以下 【0.5.6.96】
500kg以上 【0.0.0.21】

複勝率に直すと

499kg以下 10.3%
500kg以上 0%

重量級の馬は苦しい競馬を強いられています。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、499kg以下」

 




 

スタミナを維持できるレース間隔が必要

次に菊花賞における単勝15倍以上の馬の
レース間隔別成績を見てみます。

中2週以内 【0.0.0.17】
中3~8週 【0.5.6.92】
中9週以上 【0.0.0.8】

複勝率に直すと

中2週以内 0%
中3~8週 10.7%
中9週以上 0%

菊花賞はスタミナを要する長距離戦

押せ押せの臨戦では苦しく、長期休み明けも苦しいローテーションとなります。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、中3~8週」

 

 

前走条件戦出走馬が馬券に絡める条件は…

続いて、菊花賞において単勝15倍以上馬の
前走クラス別成績を見てみます。

前走条件戦 【0.1.4.40】
前走重賞 【0.4.2.76】

複勝率に直すと

前走条件戦 11.1%
前走重賞 7.3%

それぞれの条件で馬券に絡む傾向が違うので
前走条件戦、前走重賞、それぞれで傾向を探っていきます。

まずは条件戦経由の穴条件を探っていきましょう。

 

続いて、菊花賞において単勝15倍以上馬で条件戦出走馬の
前走着順・着差・人気別成績を見てみます。

前走1着 【0.1.4.29】
前走2着以下 【0.0.0.11】

複勝率に直すと

前走1着 14.7%
前走2着以下 0%

前走0.1秒差以上 【0.1.4.8】
前走0.0秒差 【0.0.0.12】

複勝率に直すと

前走0.1秒差以上 38.5%
前走0.0秒差 0%

前走勝利をは絶対条件ですが
時計差なしのギリギリの勝負で勝つ馬は
GIでは通用していないことが分かります。

ちなみに0.3秒差以上離して勝った馬も
【0.0.0.9】と成績は残せていませんが、今回は要素に入れません。

前走2番人気以内 【0.1.4.26】
前走3番人気以下 【0.0.0.14】

複勝率に直すと

前走2番人気以内 16.1%
前走3番人気以下 0%

当然のことながら下級条件からGIに絡むような馬は
人気に支持された状態での1着が必須となります。

 

もう一つ、菊花賞において単勝15倍以上馬で条件戦出走馬の
前走距離別成績を見てみます。

前走2000m以下 【0.0.0.21】
前走2200m以上 【0.1.4.19】

複勝率に直すと

前走2000m以下 0%
前走2200m以上 20.8%

前走長距離カテゴリのレースを使っている事が絶対条件になります。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、前走条件戦出走し、前走0.1秒差以上の差をつけて1着」
「単勝15倍以上、前走条件戦出走し、前走2番人気以内」
「単勝15倍以上、前走条件戦出走し、前走2200m以上に出走」

 



 

前走重賞出走馬の活躍条件

最初に菊花賞において単勝15倍以上馬で前走重賞出走馬の
馬券に絡んだ馬を見てみます。

サトノフラッグ 3着(5番人気)
[前走セントライト記念 2着 1番人気]
サトノルークス 2着(8番人気)
[前走セントライト記念 2着 8番人気]
クリンチャー 2着(10番人気)
[前走セントライト記念 9着 4番人気]
レインボーライン 2着(9番人気)
[前走札幌記念 3着 4番人気]
エアスピネル 3着(6番人気)
[前走神戸新聞杯 5着 2番人気]
サトノノブレス 2着(5番人気)
[前走神戸新聞杯 3着 2番人気]

上記の6頭になります。

この6頭で統計を取るとデータがまとまらないのですが
2017年の菊花賞はぐちゃぐちゃの不良馬場で
勝ち馬キセキのタイムが3分18秒9という超遅いタイム

かなり例外となるレースなので、この馬の分を除外してデータを取ります。

 

菊花賞において単勝15倍以上馬で前走重賞出走馬の
前走上がり3ハロン順別成績を見てみます。

前走上がり3位以内 【0.3.1.16】
前走上がり4位以下 【0.0.1.54】

複勝率に直すと

前走上がり3位以内 20.0%
前走上がり4位以下 1.8%

先行粘り込みのタイプよりも、
折り合いがつく、差し馬の方が活躍しています。

 

菊花賞において単勝15倍以上馬で前走重賞出走馬の
前走着順・人気順別成績を見てみます。

前走5着以内 【0.3.2.30】
前走6着以下 【0.0.0.40】

複勝率に直すと

前走5着以内 14.3%
前走6着以下 0%

前走4番人気以内 【0.2.2.22】
前走5番人気以下 【0.1.0.48】

複勝率に直すと

前走4番人気以内 15.4%
前走5番人気以下 2.0%

穴馬と言えど、前走はしっかりと人気に支持され、好走しており
好走したけれども舐められるタイプの馬が活躍しています。

穴馬の条件をつけると

「単勝15倍以上、前走重賞出走で前走上がり3位以内」
「単勝15倍以上、前走重賞出走で前走5着以内」
「単勝15倍以上、前走重賞出走で前走4番人気以内」

 




 

菊花賞における穴馬のまとめ

以上から分かる菊花賞の穴条件は

「単勝15倍以上、499kg以下」

「単勝15倍以上、中3~8週」

「単勝15倍以上、前走条件戦出走し、前走0.1秒差以上の差をつけて1着」

「単勝15倍以上、前走条件戦出走し、前走2番人気以内」

「単勝15倍以上、前走条件戦出走し、前走2200m以上に出走」

「単勝15倍以上、前走重賞出走で前走上がり3位以内」

「単勝15倍以上、前走重賞出走で前走5着以内」

「単勝15倍以上、前走重賞出走で前走4番人気以内」

今年の菊花賞での穴馬候補は…

5項目該当 

9 ノッキングポイント
11 サトノグランツ
14 ソールオリエンス
17 ドゥレッツァ

4項目該当 

6 リビアングラス
12 ハーツコンチェルト

今回のコラムでは 9 ノッキングポイント を穴馬に推します。

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

ABOUTこの記事をかいた人

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。