【菊花賞2021】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【菊花賞2021】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは菊花賞2021の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

菊花賞は3歳のクラシック最終戦となるGIレースです。


(写真は2020菊花賞 コントレイル)

菊花賞は3歳のクラシック最終戦となるGIレースです。

皐月賞は2000m、日本ダービーは2400mと
根幹距離で行われるレースですが

菊花賞は3000mと特殊距離で行われるレース。

しかも、秋を挟んでの1戦となるので
勢力図が大きく変わる可能性も秘めています。

 

2020年の菊花賞は3冠馬コントレイルが勝ちましたが
近年の勝ち馬は春のGIを取れなかった馬が揃っています。

春のクラシックに出走できずに菊花賞を勝った

フィエールマン、キセキ、トーホウジャッカル

春のクラシックで一歩足りなかった

サトノダイヤモンド、キタサンブラック、エピファネイア

傾向がハッキリとしているGIレースとも言えますね。

 

そんな菊花賞2021にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ステラヴェローチェ 2.0倍
タイトルホルダー 6.1倍
オーソクレース 7.0倍
アサマノイタズラ 7.2倍
レッドジェネシス 川田 8.8倍
ディープモンスター 13.4倍
モンテディオ 横山和生 16.6倍
マカオンドール 21.3倍
ヴァイスメテオール 丸山元気 24.9倍
アリーヴォ 30.5倍
シュヴァリエローズ 33.1倍
ワールドリバイバル 38.2倍
グラティアス 松山弘平 40.0倍
ディヴァインラヴ 54.4倍
ハギノピリナ 62.9倍
ヴィクティファルス 68.3倍
エアサージュ 藤岡佑介 74.6倍
ロードトゥフェイム 88.1倍
テーオーロイヤル 109倍
セファーラジエル 118倍
ノースザワールド 140倍
ワイドエンペラー 175倍
ヴェローチェオロ 201倍
トーホウバロン 284倍
ワンダフルタウン(出走回避)
ソーヴァリアント(出走回避)

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

PR:無料予想・逆境セレクト
今週は菊花賞で稼ぐ

オークス53万・ローズS11万から信じて
秋華賞もココの買い目に間違いなし!

────────────────────

『逆境セレクト(無料観覧)』

・秋華賞  4-2-3人気

3連単26,410円

穴馬の10人気エイシンヒテンも4着と激走!

・優駿牝馬 3-2-16人気

3連単532,180円

16人気ハギノピリナ穴馬に入れ高額馬券!

────────────────────

────────────────────

毎日王冠     3連単2,820円
スプリンターズS 3連単38,610円
清秋JS     3連単306,710円
ローズS     3連単117,100円
小倉2歳S    3連単49,390円
キーンランドC  3連単267,390円
小倉記念     3連単93,130円
関屋記念     3連単46,820円
エルムS     3連単194,430円

※これぜ~んぶ無料で見れた予想です。

────────────────────

菊花賞は過去の傾向だと5~10人気が絡みやすい。

穴馬含めてココが選んだ買い目をチェック推奨します!

→菊花賞週の無料予想

無料メール登録後『逆境セレクト』をチェックしてください。

走る・稼ぐ・0円情報・・最高なんです!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 主な出走馬 >

セントライト記念を勝った アサマノイタズラ

前走のセントライト記念では人気薄ながらも
豪脚を見せてソーヴァリアントを交わして
重賞を勝利したアサマノイタズラ

春はスプリングステークスで2着に入っており
その地力は既に証明していましたが
今回のセントライト記念では改めて地力を証明しました。

菊花賞はアサマノイタズラにとってチャンスのある舞台
ここを勝って一気にトップクラスの仲間入りをしたいところです。

 


 

リベンジを果たしたい タイトルホルダー

前走のセントライト記念では持ち味を発揮できずに
惨敗してしまったタイトルホルダー

皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールが
菊花賞に出走の意向を示していない中で
皐月賞2着、日本ダービー6着という実績は出走馬の中でも最右翼

気分良く走ることが出来ればタイトルホルダーが
最後の1冠である菊花賞を取る事は十分に可能です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング