秋華賞2022の大穴馬はコレ、荒れるレースの立役者を過去データから分析!

Pocket

【芸能人競馬予想 公式LINEが出来ました】

芸能人競馬予想の集計から最も確率(期待値)が高いと判断した予想を
毎週1鞍、厳選勝負レースとして公式LINEで公開しています。

お友達登録、宜しくお願いします!!

 

今回は秋華賞における穴馬が発生する傾向を分析していき
期待値の高い大穴馬を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

 

 

どうも、MOTOです。

秋のGI第二弾となる秋華賞が間近に迫っています。

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱりGIは的中させたいものですよね。

 

そんな思いを実現させるべく、

”秋華賞で活躍する穴馬の条件”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

 

データを取得期間は2012~2021年、
京都競馬場・阪神競馬場で行われたレースの分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

秋華賞で発生する大穴馬の分析

全体的な人気順別成績の分析

まずは秋華賞の穴馬の成績を
単勝オッズ別成績から見てみます。

 

データは2012年以降の馬で成績を取っており
単勝15倍以上の馬でデータを取っていますが

単勝15倍以上の馬の成績は 【0.2.7.132】

単勝100倍を超える馬の複勝率が約2%となっている事もあり

複勝率 6.4%

となっています。

当然、率として高くはありませんが

9頭が馬券に絡んでいるということは
毎年1頭は単勝15倍以上の馬が馬券にからんでいるという計算になります。

馬券考察からしても切り離すことは出来ないですね。

 

ここで馬券圏内に入った9頭について具体的に内訳を見てみましょう。

 

うーん、どの馬もその後GIを勝っている馬はおらず

非常に微妙なメンツになっていますね~

では、これらの穴馬がどんな法則で馬券に絡んでいるのかを
データを見ながら見ていきたいと思います。

 




 

好走条件は「舐められているけど、調子のいい馬」

まずは単勝15倍以上の配当だった馬の
前走着順別成績を見ていきましょう。

 

前走5着以下に敗れながらも馬券に絡んだのは
ローズステークスで18着に敗れたリラコサージュのみ

それ以外の9頭は全て4着以内に入り込んでいます。

”4着以内に入ったなら秋華賞でも人気するのでは??”

と思った方もいると思いますので

まずは単勝15倍以上の配当だった馬の
前走人気別成績を見ていきましょう。

 

前走1番人気で出走した馬は4頭いて
前走4番人気以下で出走した馬は5頭います。

この内訳を見てみると前走1番人気だった4頭は
全て前走条件戦に出走した馬でした。

ソフトフルート、ミッキーチャーム、マキシマムドパリ

これらの馬は全て条件戦を1番人気で出走し、
馬券に絡んでおり、秋華賞に出走しています。

つまり、格下馬だと低く見られたものの
低評価を覆し、実力を見せて好走しているパターンです。

ただ、前走1着だった馬の全体成績は【0.1.2.25】

複勝率 10.7%
複勝回収率 51%

とそれほどいい成績ではないので、

昇級戦で秋華賞に出走する馬の過剰な評価は難しそうです。

 



 

トライアル組の好走条件は「前走をフロック視されている馬」

次に単勝15倍以上の配当だった馬の
前走レース名別成績を見ていきましょう。

 

馬券に絡んだ10頭のうち
ローズステークス出走組が約半数の4頭となります。

馬券に絡んだ馬の内訳を見てみると

シゲルピンクダイヤ、カイザーバル、タガノエトワール、リラコサージュ

この4頭です。

この4頭の共通点を探っていきましょう。

 

まずは単勝15倍以上の配当だった馬の
ローズステークスにおける前走着順別成績を見ていきましょう。

 

先ほど例外として挙げたリラコサージュ以外は
全て4着以内に食い込んでいます。

ここで単勝15倍以上の配当だった馬の
ローズステークスでの前走人気別成績を見ていきましょう。

 

全ての馬が4番人気以下です。

つまり、人気薄でローズステークスを好走して
その激走がフロック視されたことによって

秋華賞でも低評価でしたが、ここも好走した。

というパターンが秋華賞で穴を空ける馬たちの共通点となってます。

 

ローズステークスは人気薄でも、好走したらその実績を信用する。

これが秋華賞における穴馬の狙い方だと言えます。

 

今年のローズステークスは

1着 アートハウス
2着 サリエラ
3着 エグランタイン

この中で、人気薄ながら追い込んで3着に入った

エグランタイン には注意が必要かもしれません。

 

 

最後に単勝15倍以上の配当だった馬の
レース間隔別の成績を見ていきましょう。

 

10頭中7頭が、中3週(1ヶ月以内)に出走しています。

秋華賞で穴を空けるには”勢い”が必要となる
という事を如実に表していますね。

レース間隔が空いた馬は穴馬候補から除外ですね。

 




 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。