競馬と株、どちらが勝てるギャンブルなのか?メリット・デメリットを含めて説明します。

Pocket

ここでは競馬と株、どちらが勝てるギャンブルなのか?

について話してみました。

 

こんにちは、MOTOです。

日本で行われている2大ギャンブルと言えば

「競馬」と「パチンコ」 です。

その一方で、大人のギャンブルとされているものがあります。

それは「株」です。

まったく異質ともいえる2つのギャンブルですが
今回は私なりの分析で

株と競馬、どちらが勝てるギャンブルなのか?

という事を話していきたいと思います。

 

なんとなく比べてしまうとぼんやりしてしまうので、

今回は

「どっちがオススメなのか?」

「競馬のメリット・デメリットは何?」

「株のメリット・デメリットは何?」

という3つのテーマでお話をしていきたいと思います。

 

 

という事で、早速行ってみましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので
良かったら以下から見てくださいね。

完全版の方が感情がこもっているのでオススメです(笑)

工事中

 

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

 

競馬と株、どっちが勝てるギャンブルなのか徹底比較

競馬と株、オススメのギャンブルはどっち?

まずは競馬と株、オススメのギャンブルはどっちなのか?

という事について話をしていきましょう!!

 

結論から言います。

圧倒的に「株」がオススメです。

 

なぜ「株」がオススメなのか話していきましょう。

株をオススメする理由は

圧倒的な「プラスサムゲーム」だからです。

(プラスサムゲームとは期待値が100%を超えており
全体的に見て、やればやるほど勝っていくゲームのことです)

 

ちなみにこれはアメリカのデータになりますが
株を200年間持っていた時に増える資産の増加率は

「93万倍」だそうです。

93倍じゃないですよ!?93万倍です。

100円を株式に投資していれば、9300万円になっていた

という事です。

私達が生きている頃にもバブル崩壊とか
リーマンショックとか同時多発テロ事件とかありましたが

それでも株式市場はどんどん成長を続けている訳です。

株式投資が如何に勝てるギャンブルであるか分かりますよね。

 

 

一方の競馬ですが、こちらは控除率25%という重りがあるため

かなりシビアな「マイナスサムゲーム」となっています。

(マイナスサムゲームとは全体的にみて
やればやるほど負けていくゲームのことです)

 

控除率25%だったらワンチャンいけるかも??

と、思った方は要注意。

これは相当に厳しい数字です。

 

海外のカジノとかは期待値95%くらい
あるものがほとんどな中で運営している訳ですから

競馬がどれだけ勝ちづらいギャンブルであるか、が分かりますね。

 

競馬で勝っているという人にたまに出会いますが
正直なところ、その実績は眉唾物ですし

株に関しては株の利益で会社を運営する
信託系の会社がたくさんある割に

「競馬プロ」みたいな職業はありません。

この現実が控除率の重さを物語っていますよね。

 

ですので、お勧めのギャンブルは??

と聞かれれば、圧倒的に「株式投資」であると答えます。

 

 




 

競馬のメリット・デメリットは何?

「競馬」と「株」

ギャンブルとして圧倒的に株が優れている事は話しましたが
競馬にメリットはないのでしょうか??

 

ここでは競馬のメリット・デメリットについて
改めて考えていこうと思います。

まず競馬のデメリットから話していきましょう。

この点については既に挙げていますが

”圧倒的に勝ちづらいゲーム(ギャンブル)である”

という事です。

 

控除率が25%と非常に高い数値を示している事に加えて
近年はデータベースなども簡単に見られるようになってきており

競馬記者だけでなく、一般の競馬ファンも非常に高いレベルで
予想をするようになってきました。

競馬というゲームの性質は

ディーラーである親(JRA)とのお金の奪い合いではなく
子供(顧客)同士のお金の奪い合いなので

顧客のレベルが高くなってしまうと
他人を出し抜くのが難しくなってしまいます。

この事からも勝つのが非常に難しいゲームだと言えますね。

 

では、次に競馬のメリットを話していきましょう。

メリットは「ギャンブル以外にもたくさんの楽しみがある」という事です。

一流のアスリートであるサラブレッドが
己の心身を最大限に使ったレースはスポーツとしての楽しみがあります。

長らくスランプだった馬が復活勝利を挙げる
ずっと負けていた相手を打ち負かすというレースは
ドラマとしての楽しみがあります。

また競馬場での競馬観戦はピクニック気分を味わえるので
テーマパークとしての楽しみもあります。

そして、競馬予想に深くのめり込んで色々と推理する事は
答えの決まっていないクイズを解くようなミステリーとしての楽しみがあります。

つまり、競馬はギャンブルという楽しみ以外に

スポーツ、ドラマ、テーマパーク、ミステリー

という側面での楽しみがある訳です。

この楽しみは何にも代えられないもので

大枚をはたいて財をなくすという行動に出なければ
競馬は極めてコスパの高い遊戯となる訳です。

 

これが競馬の最大のメリットですね。

 

 

株式投資のメリット・デメリットは何?

それでは、株式投資のメリットとデメリットを話していきましょう。

 

メリットについては前述しているように

長期的に見て圧倒的な「プラスサムゲーム」だという事が言えます。

今回コロナショックが世界を襲い、株価が大暴落してますが
金融市場は長期的に見ると右肩上がりに上昇しています。
(日本の金融市場だけはちょっと違う傾向を見せていますが)

 

ですので、損する可能性が極めて低いギャンブルだと言えます。

損する可能性が低いという事は

”株で飯を食っている人の多さ” からも図れますよね。

株式投資の神様と言われるフォーレン・バフェットさんは
株で兆単位の財を築いている訳ですから

株というギャンブルがいかに勝てるギャンブルかが分かると思います。

 

「いやいや、株式投資でも借金した奴はごまんといるじゃん!」

と、思ったかもしれないので、

次に株式投資のデメリットについて語っていきましょう。

株式投資のデメリットは「利幅が少ない」という事です。

一番損の少ない投資信託への投資は
年間で3~4%のプラスしか出ません。

 

競馬とかだと1000円賭けて、
的中した後に10000円になる、という事が起こりますよね。

つまり、賭け金の10倍のリターンがある訳です。

これを株に直すと1000円賭けて
1年後に1040円になって戻ってくる

という事です。

これだとさすがにやる気がなくなってくると思います。

 

1000円賭けて40円の利益じゃ話にならないから
借金して、賭け金を1000倍にして勝負しよう、という思考

つまり短期で大きな利益を得ようとするとなりがちです。

ここで襲い掛かってくるデメリットは

”短期勝負だと分の悪いギャンブルになる”

という事です。

株価は変動する訳ですから
配当金による3~4%の利益以外にも

株価が変動することで得られる損益も発生します。

1000倍の賭け金で株価が高騰すれば良いですが
1000倍の賭け金で株価が暴落してしまうと

一気に借金生活に突入してしまいます。

これでは本末転倒ですよね。

 

つまり株式投資のデメリットは

・長期勝負だと利幅が少ないので、投資家にとって面白くない。

・面白くないからと言って、短期勝負で
大金を賭けると大損してしまう可能性がある。

この2つが挙げられます。

 



 

まとめ

ここでは株式投資と競馬、どちらが優れたギャンブルなのか?

という点について話をしてきました。

まず前提として抑えなきゃいけないのは

「勝つ事を考えるのであれば、株式投資1択だ」

という事です。

 

ただ、競馬にはギャンブルを超えた魅力があります。
(ドラマ・スポーツ・ゲーム・テーマパーク)

一方の株式投資は時間がかかるし、
自分でお金を動かしている感覚、お金を儲けている感覚が少なく
面白味に欠ける部分があるので、エンターテインメントとしては向いていません。

株式投資で堅実に利益を出しながら
競馬は少額で楽しむためにやる

これが正しいアプローチだと言えますね。

双方の良い点を取って
良い人生を作ってください。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ