【きさらぎ賞2023】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手

Pocket

【きさらぎ賞2023】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手
(有力馬次走情報を含む)

ここではきさらぎ賞2023の出走予定馬・想定オッズ・想定騎手
などについてお話をしていきます。

きさらぎ賞は皐月賞、ダービーを目指す馬が出走する重賞レースです。


(写真は2022きさらぎ賞 マテンロウレオ)

きさらぎ賞は皐月賞、ダービーを目指す馬が出走する重賞レースです。

京都競馬場芝1800mという非根幹の舞台である事に加えて
皐月賞や日本ダービーまで、まだ間隔がある事もあって
GIの主役級の馬は出走しづらいレースです。

2022年の勝ち馬 マテンロウレオ
2021年の勝ち馬 ラーゴム
2020年の勝ち馬 コルテジア
2019年の勝ち馬 ダノンチェイサー
2018年の勝ち馬 サトノフェイバー
2017年の勝ち馬 アメリカズカップ

など、その後の活躍が芳しくない点が目立ちますが
それ以前を遡ってみると

サトノダイヤモンド、ルージュバック、トーセンラーなど

GIで活躍する馬が出ているので
ノーマークではいけないレースですね。

 

そんなきさらぎ賞2023にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

他の重賞レースの出走予定馬・想定オッズ・想定騎手を
確認したい場合は以下をクリックして確認してください。

【重賞年間一覧】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

フリームファクシ 川田将雅 1.7倍
レミージュ 荻野極 3.1倍
オープンファイア ムルザバエフ 5.9倍
ロゼル 7.3倍
クールミラボー 20.6倍
シャイクユアハート 25.3倍
ノーブルライジング 38.0倍
アドバンスファラオ 46.7倍
トーアライデン 67.2倍
トーセントラム 70.9倍
コスモサガルマータ(回避)

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

PR
無料予想1月実績
的中率78%!最高11万円

「よく当たる無料予想」と評判
1月は9戦公開で7戦的中でした!

───────────────────

1月/無料予想の実績

・1/28 中京7R   21,000円
・1/22 AJCC   39,500円
・1/21 東雲賞    28,100円
・1/08 シンザン記念 37,500円
・1/07 すばるS   20,300円
・1/05 中山金杯   63,200円

——————–

特に火力が高かったのはコレ!

1月最高値:愛知杯

馬連 BOX10点1,000円
馬番:2,3,8,10,11

馬単 BOX12点1,000円
馬番:2,3,5,13

三連複BOX10点1,000円
馬番:2,3,8,10,13

馬単61.2倍/三連複55倍

【獲得】116,200円
【収支】84,200円

━━━━━━━━━━━━━━

外すことが少ないので見とくだけでも良し!
初めてさんは1点300円くらいからベタ乗り推奨します。

→コチラから無料登録(無料予想付)

レース当日公開の買い目予想を2月もチェックです!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 主な出走馬 >

ムルザバエフを鞍上に挑む オープンファイア

過去2戦はルメール騎手が騎乗したオープンファイア

ディープインパクト産駒という事を考えると
クラシックに乗りそうなバックボーンは持っていますが
前走のアイビーステークスでは前に行った2頭を捉えらえずに3着

今回のきさらぎ賞でクラシックを走れる器かどうかが試されますね。

 

【芸能人競馬予想 公式LINEが出来ました】

芸能人競馬予想の集計から最も確率(期待値)が高いと判断した予想を
毎週1鞍、厳選勝負レースとして公式LINEで公開しています。

お友達登録、宜しくお願いします!!

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。