逃げ・先行馬買えば未勝利戦は儲かる!先行する馬の選び方を話してみました【競馬予想における馬券術】

Pocket

ここでは競馬予想における未勝利戦の攻略法についてを話していきます。

狙える騎手はどの騎手なのか?
狙える厩舎はどの厩舎なのか?

人気馬の堅い決着を狙うべきか?
穴馬からの高配当を狙うべきか?

などなど、未勝利戦を攻略する上での要素を何度かに分けて話していきます。

 

 

こんにんは、MOTOです。

 

私は普段は重賞を中心としてメインレースしかやらないのですが
競馬場に行くときには1レースから楽しみます。

 

もちろん1レース目から馬券を買っていくんですが

午前中のほとんどのレースが「未勝利戦」です。

未勝利戦って馬も分からない馬ばかりですし

予想するのが難しいですよね~

 

普段からそんな事を思っていたので

未勝利戦の馬券攻略法について調べてみました。

 

狙える騎手はどの騎手なのか?

狙える厩舎はどの厩舎なのか?

人気馬の堅い決着を狙うべきか?

穴馬からの高配当を狙うべきか?

 

調べてみると検討する要素が結構あって

未勝利戦攻略に使えそうな情報がたくさん出てきたので

このブログでシェアをしたいと思います。

 

調べた期間は2017年1月~2018年2月の2年間

ローカル競馬場と主要競馬場ではコースの適性が違うので

今回は東京競馬場、中山競馬場、京都競馬場、阪神競馬場

の4つの競馬場についてデータを取ってみました。

 

今回は未勝利戦で買える脚質について調べているので

良かったら参考にして下さい。

 

ちなみに動画ではすべての要素についてまとめて話しているので
「未勝利戦攻略完全版」を見たい(聞きたい)方は、以下から見てくださいね。

 

という事で、未勝利戦での「期待値の高い脚質」の分析にいきましょう!!

 




 

全体(関東・関西開催)芝レースの未勝利戦で好成績を残している脚質は?

 

まずは全体(関東・関西開催)芝レースにフォーカスをあてて
未勝利戦で好成績を残している脚質を見てみましょう。

 

データを見ると綺麗なほどの

”前にいればいるほど回収率が高い”

という状態になっています。

 

出走馬のレベルの格差が大きい未勝利戦では

差し馬でも強い馬はスピードの違いで前に行っている。

という感じですね。

 

では、どうやって今回逃げる馬・先行する馬を見つけるのか?

 

という点にフォーカスを当てて

全体(関東・関西開催)の芝レースの未勝利戦で好成績を残している
前走の4コーナーでの順位別成績を見てみましょう。

前走で逃げている馬は成績を残せていませんが

好位で競馬をした馬の方が明らかに成績上位です。

 

「逃げ」という脚質は馬にとって最も負担が少ない脚質なので

負担が少ないレースの後に出走するレースは負担に感じてしまう。

という状態になっていると言えますね。

 

もう一つ、全体(関東・関西)の芝レース未勝利戦で好成績を残している
前走の距離別成績を見てみましょう。

こちらは前走と同じ距離を経験させた方が好成績となっています。

逆にスタミナを必要とする距離延長ローテは苦戦しているので

このあたりもおさえておくと脚質を読みやすくなりそうですね。

 

 

全体(関東・関西開催)ダートレースの未勝利戦で好成績を残している脚質は?

 

次に全体(関東・関西開催)のダートレースにフォーカスをあてて
未勝利戦で好成績を残している脚質を見てみましょう。

 

こちらは芝以上に

「逃げ・先行馬が有利」

ダート戦は差しが利きませんからね。

 

こちらも芝と同様に

全体(関東・関西開催)のダートレースの未勝利戦で好成績を残している
前走の4コーナーでの順位別成績を見てみましょう。

回収率の面では若干先行した馬が有利

という感じですが、

好走率の面では前走5番手以内で走っていた方が圧倒的に上

スタートのダッシュ力には注目が必要ですね。

 

もう一つ、全体(関東・関西)のダートレース未勝利戦で好成績を残している
前走の距離別成績を見てみましょう。

こちらは芝と同様に

前走と同じ距離を経験させた方が好成績となっています。

そして、逆にスタミナを必要とする距離延長ローテは苦戦しているので

このあたりもおさえておくと脚質を読みやすくなりそうですね。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

まとめ

今回は未勝利戦での脚質別成績を見ていきましたが

芝もダートも

”逃げ・先行馬が圧倒的に強い”

という点が目立ちます。

 

脚質を読み取る要素としては前走の脚質が参考になります。

芝:4角2~5番手

ダート:4角5番手以内

を目安としたいですね。

 

また、前走と同じ距離を走った馬の方が
経験値の面から上位の成績を残しています。

逆に前走よりも距離を延ばした馬は苦戦しているので
このあたりも検討に入れたいですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

人気馬から超大穴まで様々な馬を推していますので
是非、見てみてください。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

「未勝利戦の狙い方、考え方など馬券の組み立て方を話してみました」シリーズ

未勝利戦で買える騎手の狙い方を調べてみました【競馬予想における馬券術】

未勝利戦で買える厩舎・調教師の決め方を調べてみました【競馬予想における馬券術】

未勝利戦で買える種牡馬の選び方はコレだ!【競馬予想における馬券術】

未勝利戦は堅い?荒れる?期待値の高い馬券を買うコツを話してみました【競馬予想における馬券術】

逃げ・先行馬買えば未勝利戦は儲かる!先行する馬の選び方を話してみました【競馬予想における馬券術】

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。