ハーツクライ産駒の特徴を読む|種牡馬分析

Pocket

2014年に大ブレークした種牡馬と言えば

『ハーツクライ』

春シーズンにはオークス、日本ダービー、安田記念と
3連勝した事で一気に脚光を浴びる事になりました。

ハーツクライ自身もドバイシーマクラシックでGI勝ち
キングジョージでも3着と海外での実績も十分

2013年でもリーディングサイアーランク5位と奮闘しています。

そんなハーツクライ産駒の特徴を見ていきましょう。

まず得意なコースから分析を進めていきます。

芝コースについては2つの特徴があります。

一つ目は左回り

新潟、東京は非常に好成績で

新潟 勝率 14.3% 3着内率 34.1%
東京 勝率 12.3% 3着内率 34.8%

という数字を残しています。

二つ目は力の要る馬場

中山、阪神も好成績で

中山 勝率 10.7% 3着内率 32.7%
阪神 勝率 12.0% 3着内率 32.7%

と立派な成績

京都、小倉、札幌、函館などは3着内率20%台と
悪い数字ではないが、得意コースと比べると成績が下がる。

一方、ダートコースの方ですが

右回りの小回りコースでは強さを発揮します。

函館ダート、中山ダートでは3着内率30%超え

逆に芝とは対照的に左回りは非常に苦手としており
中京、東京は3着内率10%台と低迷

ダートは右回りと覚えておきたい。

次に得意な距離から特徴を探っていきます。

まずは芝コースからですが
ハーツクライと同様に2400m以上を得意としており
3着内率は35%超えと非常に高いパフォーマンスを見せています。
1800~2000mも30%超え

弱点は1600m以下、こちらの3着内率は25%前後と
長距離と比べるとかなり数字が落ちているのが分かります。

得意は長距離です。

ダートについても同様で2100m以上はかなりの強さを見せています。

ただ、芝ほどの率は持っておらず、全距離での3着内率は23.8%
芝の短距離よりも低い数字なので、ダートは割引をするべきでしょう。

これらからハーツクライ産駒は芝適性が高い馬が多いと言えます。

通常芝からのダート替わりは狙えますが
ハーツクライ産駒に限ってはダートからの芝替わりを狙いたいところです。

最後に重馬場適性について言及しておきましょう。

中山・阪神などパワーの要る馬場が得意な馬が多いハーツクライ産駒ですが
意外にも良馬場の成績が一番よく3着内率31.4%

ちなみに重馬場と不良馬場は3着内率それぞれ27.5%、23.1%
馬場が悪くなるほどパフォーマンスが下がっている事がわかります。

ダートは逆に不良・重→良・稍重という成績分布になっており
脚抜きのいい馬場の方が得意である事が分かる。

総括

リーディング5位の旬な種牡馬ですが、芝でこそ活躍が出来る馬
パワー型のコースが得意ですが、重馬場になってしまうと
パフォーマンスを下げてしまうので注意が必要です。

距離は長距離の方がよく、距離延長で出走してきた時は
是非、狙っていきましょう。

成長力があるというイメージがありますが
年齢別の成績は平均的で、古馬に強いといったデータはありません。

代表産駒からもう一歩特徴を読む

ワンアンドオンリー

言わずと知れた日本ダービー馬。
東京競馬場で栄冠をつかんだ馬だが
最も内容があったのは弥生賞と皐月賞。

中山競馬場でこそ力を発揮するパワー型の馬

ジャスタウェイ

長距離専門のハーツクライ産駒が出した数少ないマイラー

その末脚は強烈で天皇賞・秋やドバイデューティフリーでは
2着以下を大きく突き放す圧巻の走りで
底力はハーツクライ産駒の中でもナンバーワンの存在

これらの種牡馬分析を予想に活かしたいと思った方は
私の無料メールマガジンに登録して下さい。
(左上のウィンドウをクリックすると登録できます)

回収率100%超えならあっという間に達成できます。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。