金鯱賞、中日新聞杯、愛知杯に舞台|中京芝2000mの特徴と攻略法

Pocket

中京競馬場のメインとなっている芝2000m

重賞では金鯱賞や中日新聞杯など、中京競馬場の中でも
数多くの重賞レースが行われます。

そんな中京芝2000mの特徴を様々なデータから考えていきましょう。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

中京芝2000mラップ別成績

スタートから最初の直線まで314m
直後は上り坂なため、緩やかなスタートですが
最初のコーナーに向かうまではトップスピードでポジション取りを行う。

そこからは常に12秒台の安定したペースでレースが推移して
最終コーナーの下り坂で各馬トップスピードに。

直線412mは上り坂まではトップスピードとなりますが
坂を上りきった後はスタミナ勝負となる総合力が問われるコース。

それでは脚質別の成績を見てみましょう。

中京芝2000m脚質別成績

差し馬の成績が非常にいいことが分かります。

下って上る直線はスタミナが問われるため
逃げ馬が最後の直線を凌ぎきるのは難しく
ゴール寸前で差し馬が台頭する場面が多く見受けられます。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中京芝2000m枠順別成績

大きな有利不利はありませんが、1枠は成績が悪い事が分かります。

また回収率を見てみると外枠の馬が好成績
5枠以降の馬の方が狙えます。
1枠の馬だけは黄色信号です。

続いて、種牡馬別の成績

中京芝2000m種牡馬別成績

勝ち星、勝率で見るとディープインパクト産駒が1位ですが
回収率で考えてみるとキングカメハメハ産駒の成績が良い事が分かります。

その他はフジキセキやマンハッタンカフェの複勝率が良いので
スピードも必要ですが、スタミナが重要視される舞台であることがわかります。

騎手別の成績も載せてみました。

中京芝2000m騎手別成績

武豊騎手の複勝率、回収率が半端なく良い事がわかります。

力でグイグイ押すよりも如何にペースを判断して
差せるタイミングで追い出していくかという事が重要視される舞台です。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中京芝2000m人気別成績

1,2番人気の成績はさほど良くありません。

他の競馬場で先行力を見せてきた人気馬が
前が粘れないという状態は十分に想定しておくべきでしょう。

以上が特徴となります。

まとめです。

中京芝2000mの最大の特徴は差し馬が有利な舞台であるという点。

人気の先行馬は印を下げて、他の競馬場でなかなか差し脚を発揮できなかったような
馬を狙っていくのが、攻略の基本スタンスとなります。

血統的にはある程度のスピードは必要となるものの
切れ味というよりもスタミナがあって長く良い脚を使うタイプを選択してください。

枠順はさほど気にしなくていいですが、最内枠だけは要注意です。