朝日杯フューチュリティステークス2023の消去法予想、レースの傾向は?切り馬・消し馬の法則は??

「ハーレム競馬」の予想は本物です。

何より無料予想がマジで使えます。
とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

5レースほど試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

LINE or メルアド登録だけで本日から利用でき、何回使っても費用はかかりません。

 

 

今回は朝日杯フューチュリティステークス2023における傾向分析を行っていき
消去法的に浮かび上がってくる馬をピックアップしていきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

 

[toc]

 

どうも、MOTOです。

競馬予想はどのレースも当てたいものですが
大きいレースほどより当てたくなりますよね。

そんな思いを実現させるべく、

”朝日杯フューチュリティステークス2023における消去法予想”

を行うべく、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

 

データを取得期間は2013~2022年、
阪神競馬場で行われたレースに限定して分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

他の重賞レースの消去法予想については以下で確認して下さい。

(参考)【重賞年間一覧】レース傾向、消去条件(消去法予想、飛ぶ馬)まとめ

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 

【芸能人競馬予想 公式LINEが出来ました】

芸能人競馬予想の集計から最も確率(期待値)が高いと判断した予想を
毎週1鞍、厳選勝負レースとして公式LINEで公開しています。

お友達登録、宜しくお願いします!!

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

朝日杯フューチュリティステークスにおける来ない馬の法則

前走好走は必須

まずは朝日杯フューチュリティステークスにおける
前走着順・着差・人気別の成績を見てみます。

前走4着以内 【10.9.10.102】
前走5着以下 【0.1.0.31】

複勝率に直してみると

前走4着以内 22.1%
前走5着以下 3.1%

前走大敗した馬は馬券に絡めていません。

【例外】
2018年 クリノガウディー(前走 東スポ杯2歳S 7着)

前走0.5秒差以内 【10.10.10.103】
前走0.6秒差以下 【0.0.0.30】

複勝率に直してみると

前走0.5秒差以内 22.6%
前走0.6秒差以下 0%

負けたとしても大負けは厳禁です。

前走3番人気以内 【10.9.8.62】
前走4番人気以下 【0.1.2.71】

複勝率に直してみると

前走3番人気以内 30.3%
前走4番人気以下 4.0%

前走馬券圏内に入っている事はほぼ条件になります。

【例外】
2018年 クリノガウディー(前走 東スポ杯2歳S 12番人気)
2016年 ボンセルヴィーソ(前走 デイリー杯2歳S 8番人気)
2014年 クラリティスカイ(前走 いちょうS 4番人気)

朝日杯フューチュリティステークスで消去出来る条件は

「前走5着以下」
「前走0.6秒差以下」
「前走4番人気以下」

 




 

素質馬同士の争い

次に朝日杯フューチュリティステークスにおける
キャリア別の成績を見てみます。

キャリア4戦以内 【10.10.10.22】
キャリア5戦以上 【0.0.0.26】

5戦以上走った馬は馬券に絡めず
2歳王者を決めるレースなので、何度も走っているような馬は馬券に絡めていません。

朝日杯フューチュリティステークスで消去出来る条件は

「キャリア5戦以上」

 



 

逃げ馬が苦しいレース

次に朝日杯フューチュリティステークスにおける
前走4角順位別成績を見てみると

前走4角1番手 【0.0.2.22】

複勝率に直すと

前走4角1番手 8.3%

阪神芝1600mは広いコースで差しが利くコース
逃げ馬は苦戦傾向にあります。

【例外】
2016年 ボンセルヴィーソ(前走 デイリー杯2歳S 2着)
2013年 ウインフルブルーム(前走 千両賞 1着)

朝日杯フューチュリティステークスで消去出来る条件は

「前走4角1番手」

 




 

前走重賞出走馬の消去条件

ここからは条件別に消去条件を探していきます。

朝日杯フューチュリティステークスにおける前走重賞出走馬の
前走距離別成績を見てみると

同距離 【4.6.3.24】
距離延長 【0.2.2.28】
距離短縮 【0.1.0.14】

複勝率に直すと

同距離 35.1%
距離延長 12.5%
距離短縮 6.7

マイルのスピードレースなので長い距離を走った馬は苦戦傾向にあります。

【例外】
2018年 クリノガウディー(前走 東スポ杯2歳S 1800m)

 

もう一つ朝日杯フューチュリティステークスにおける前走重賞出走馬の
当日の枠順別成績を見てみると

1~6枠 【4.9.4.48】
7~8枠 【0.0.1.18】

複勝率に直すと

1~6枠 26.2%
7~8枠 5.3%

外枠は苦戦傾向にあります。

朝日杯フューチュリティステークスで消去出来る条件は

「前走重賞出走、前走1800m以上に出走」
「前走重賞出走、当日7~8枠」

となります。

 




 

前走非重賞馬の消去条件

朝日杯フューチュリティステークスにおける前走非重賞出走馬の
前走上がり3ハロン順別成績を見てみると

前走上がり2位以内 【6.1.3.36】
前走上がり3位以下 【0.0.1.29】

複勝率に直すと

前走上がり2位以内 21.7%
前走上がり3位以下 3.3%

下級条件では速い上がりの脚も問われます。

【例外】
2013年 ウインフルブルーム(前走 千両賞 1着)

 

もう一つ朝日杯フューチュリティステークスにおける前走重賞出走馬の
前走着順・人気別成績を見てみると

前走1着 【6.1.4.49】
前走2着以下 【0.0.0.20】

複勝率に直すと

前走1着 18.3%
前走2着以下 0%

前走1着は必須となります。

前走3番人気以内 【6.1.4.32】
前走4番人気以下 【0.0.0.37】

複勝率に直すと

前走3番人気以内 25.6%
前走4番人気以下 0%

上位人気になる素質は必須となります。

朝日杯フューチュリティステークスで消去出来る条件は

「前走非重賞出走、前走上がり3位以下」
「前走非重賞出走、前走2着以下」
「前走非重賞出走、前走4番人気以下」

となります。

 




 

朝日杯フューチュリティステークスにおける消去法馬のまとめ

以上から分かる朝日杯フューチュリティステークスの消去条件は

「前走5着以下」

「前走0.6秒差以下」

「前走4番人気以下」

「キャリア5戦以上」

「前走4角1番手」

「前走重賞出走、前走1800m以上に出走」

「前走重賞出走、当日7~8枠」

「前走非重賞出走、前走上がり3位以下」

「前走非重賞出走、前走2着以下」

「前走非重賞出走、前走4番人気以下」

 

今年の朝日杯フューチュリティステークスで消しとなる馬は…

1 エコロヴァルツ
2 ミルテンベルク
6 セットアップ
9 クリーンエア
10 バンドシェル
12 タガノデュード
13 ナムラフッカー
14 ジューンテイク
15 エンヤラヴフェイス
16 アスクワンタイム
17 シュトラウス
スウィープフィート(出走回避)

 

予想の参考にしてください。

 



 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

PR
根岸ステークス2024無料予想公開中!!

先週のAJCCはスマッシュヒット!!

◎中山11R アメリカJCC
三連複10点500円[33.2倍]的中
[払戻額]16,600円[回収率]332%

2023年秋の予想も絶好調でした!

◎京都11R マイルチャンピオンシップ
三連複10点500円[309.3倍]的中
[払戻額]154,650円[回収率]3093%

◎阪神11R 阪神JF
三連複10点500円[36.8倍]的中
[払戻額]18,400円[回収率]368%

全て無料予想で破壊力十分の的中!!

─────────────────────
2024年8~12月は毎月プラス収支を記録!!
━━━━━━━━━━━━━━

混戦の根岸ステークスも自信の買い目で公開中!!

5頭に絞って10点勝負の買い目!
あの人気馬を外して、爆発力十分の馬券です

是非、中身を見て確かめてください。

根岸ステークス2024予想は無料公開中なので、
以下をクリックして予想をチェックして下さい。

根岸ステークス2024買い目はコチラ

メールアドレスだけ(約30秒)で無料登録出来ます。

買い目を確認してから馬券を買って下さい(登録無料)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。