天皇賞秋2022の有利な枠はコレ、穴馬激走と枠順には密接な関係があった!

「競馬ラボ」の情報は本物です。

メディアに多数出演している水上学さんが渾身の本命馬&お宝穴馬を公開!

他にも安藤勝己(GI週のみ)、大島麻衣(元AKB48)の予想
騎手コラム、独占インタビューなど限定情報を配信

とりあえず当てたい!手堅く勝ちたい!とお望みなら、その目的は高確率で達成できるはず

試して貰えれば予想精度を確かめられるので、この機会に是非お試しください。

 

 

今回は天皇賞秋における有利枠の分析を行っていき
期待値の高い枠順を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

[toc]

どうも、MOTOです。

秋の古馬王道GIと言えば天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱり大きなGIは的中させたいものですよね。

そんな思いを実現させるべく、

”天皇賞秋における有利な枠”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

データを取得期間は2012~2021年、
東京競馬場で行われたレースに限定して分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
消し馬の情報はコチラ ⇒ 人気ブログランキングへ

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

天皇賞秋で有利な枠の分析

全体的な枠順分析

まずは天皇賞秋の全体的な枠順成績を見てみます。

1~3枠は複勝率はそこそこながら、複勝回収率30%前後と低迷しており
4~7枠は複勝率が20%を超え、複勝回収率も最も良い数値が出ており

”天皇賞秋は中枠が有利” と言えます。

じゃあ、中枠が有利なんだね。

だけで終わってしまうと分析にならないので
もう少し掘り下げて成績を見てみましょう。




なぜ内枠は苦戦する傾向にあるのか…

なぜ内枠は苦戦する傾向があるのか…

枠順別成績を掘り下げて見ていきましょう。

まずは過去に1~3枠に入った馬の人気別成績を見ていきましょう。

馬券に絡んだ10頭の内、8頭が1~3番人気

それ以外の馬も5番人気、6番人気が1頭ずつと
7番人気以下の馬は全く馬券に絡めていません。

強い馬であれば、内枠の不利を克服できるが
弱い馬では跳ね返せない程の不利がある。

という事がデータから読み取れますね。

スタートから直ぐにカーブを迎える東京芝2000mコース

内枠に入ると外から馬が殺到して揉まれたり
思うようなポジションが取れない

という事がデメリットに繋がっていますね。

次に過去に1~3枠に入った上がり3ハロン順別成績を見ていきましょう。

馬券に絡んだ10頭の内、7頭が上がり3ハロン1,2位

内枠に入った時点でポジショニングを悪くすることが多いので
後ろで脚をじっくりと溜めて、直線で爆発する瞬発力がないと
好走しづらいという事がデータから分かります。

瞬発力、末脚の力を持っている馬を選びたいですね。

2022年の枠順で内に入って、末脚を使える馬は

ダノンベルーガ、カラテ



中枠の馬がなぜ好走するかを分析する

次になぜ中枠の馬が好走するのか…

4~7枠に入って馬券内に入った20頭について掘り下げましょう

(4~7枠は成績は【7.6.5.64】です)

まずは過去に4~7枠に入った馬の前走着順成績を見ると

20頭中、12頭が前走で3着以内となっています。

先ほど話した通り東京芝2000mというコースは
スタート直後にカーブがあり、激しいポジション争いを行うので

かなり精神的なタフさが問われるレースになっています。

激しい争いを勝ち抜けるような心身の充実度が求められるので

調子のいい馬の方が結果を残しやすいというデータが出ています。

逆に5頭が6番人気以下であることを考えると
惨敗して疲労を残さずにレースに臨めるという点もプラスに働きそうです。

次に過去に4~7枠に入った全馬の
レース間隔別成績を見ていきましょう。

中2週    【3.1.1.24】
中9~24週 【3.4.3.20】
半年以上   【0.1.0.5】

中2週    複勝率 17% 複勝回収率 57%
中9~24週 複勝率 33% 複勝回収率 76%
半年以上   複勝率 17% 複勝回収率 43%

最も好成績を残しているのが

10~25週のレース間隔で出走している馬。

タフなレースゆえにしっかりと間隔を取って

余力のある状態で出走する事が好走のポイントになります。

天皇賞秋2022年でレース間隔を取って中枠に入ったのは

イクイノックス、ジオグリフ、シャフリヤール、ジャックドール

最後に、過去に4~7枠に入った馬の人気別成績を見ていきましょう。

2022

5番人気以内の馬が 【7.4.3.16】

1番人気馬の成績が特に優秀ですが
人気サイドの馬が好走する傾向にあります。

タフなレースゆえに力のある馬が好走する。

これが天皇賞秋の特徴ですね。


ここから分かる天皇賞秋の有利枠ポイントは以下の3点となります。

・内枠は不利、真ん中の馬が良い

・人気サイドの馬が強い、堅いレース

・レース間隔が空いた馬の方が強い

・上がりの速い馬が強い

ここを押さえておきたいですね。



MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

毎週トリッキーな馬を注目馬として挙げていますので

毎週チェックしてくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。