枠順と勝率・複勝率・回収率の関係から馬券攻略をする

Pocket

競馬予想において欠かせない要素の一つといえば「枠順」です。

 

馬の実力とは全く関係のない枠順ですが、枠順だけで決めるレースは多々あり、高配当を導いてくれる使者ともいえます。

枠順にもマクロとミクロの予想法がありますが
まずは一番大きなくくりでの枠順成績を確認しておきましょう。

最初は芝のレースから

内枠奇数 勝率11.7% 複勝率33.7% 単回収率78.5% 複回収率82.6%
内枠偶数 勝率12.5% 複勝率34.7% 単回収率84.6% 複回収率84.1%
外枠奇数 勝率11.0% 複勝率31.9% 単回収率77.8% 複回収率79.7%
外枠偶数 勝率11.2% 複勝率31.4% 単回収率82.4% 複回収率80.4%
(2005~2012年1~8番人気データ)

後入れの偶数枠の方がいい成績である事も注目すべき点ですが、内枠と外枠で回収率が違う事は一目瞭然で、

芝コースは 内枠偶数 が有利

という事が分かります。

 

もう一方のダートを見てみましょう。

内枠奇数 勝率11.4% 複勝率33.4% 単回収率79.4% 複回収率80.8%
内枠偶数 勝率12.0% 複勝率34.4% 単回収率79.9% 複回収率82.5%
外枠奇数 勝率11.9% 複勝率33.3% 単回収率78.0% 複回収率79.9%
外枠偶数 勝率12.4% 複勝率34.2% 単回収率89.1% 複回収率83.8%
(2005~2012年1~8番人気データ)

こちらは芝と逆で、外の偶数枠が好成績である事が分かります。
単勝回収率で言えば、10%近く他の枠を引き離しているほど断然で、
馬群にもまれず、砂を被らず、惰性をつけてレースをする馬が
どれだけアドバンテージを持っているか理解できるかと思います。

ダートコースは 外枠偶数 が有利

この2つを頭に入れておきましょう。

 

そして、次に細かい視点でコースの分析を行います。

先ほど芝のレースは内枠偶数が有利、という話をしましたが
桜花賞が行われる舞台、阪神芝1600mなどは
外枠が絶対的に有利な舞台です。

1枠 勝率5.7% 複勝率15.0% 単回収率51% 複回収率48%
2枠 勝率4.3% 複勝率16.3% 単回収率29% 複回収率49%
7枠 勝率7.7% 複勝率22.6% 単回収率69% 複回収率80%
8枠 勝率9.2% 複勝率25.7% 単回収率87% 複回収率104%

上は内枠(1,2枠)と外枠(7,8枠)の勝率・複勝率・回収率ですが、
見てみるとどれだけ差があるか一目で分かります。

芝のレースは内枠偶数が有利という話をしましたが、
コースによっては逆のパターンもあるという事です。

競馬場別・距離別の枠順別成績は私が作成した
「コース別パーフェクトガイド」に収録されていますので、参考にして下さい。

 

パーフェクトガイドは『血統スーパーガイドブック』の購入特典として
手に入れる事が出来るので、回収率を更に上げたい方は是非手に入れて下さい。

パーフェクトガイドを手に入れるならコチラ

 

枠が違うだけで勝率が倍も違うくらい、枠順に差があるコースだと最初から分かっていれば、人気馬が死に枠に入った瞬間本命から外すことが出来ます。
これは馬券を買う上でめちゃくちゃ大きなアドバンテージです。

枠順の情報を活かして回収率の高い予想を展開して下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。