横山和生騎手分析、芝・ダートでの成績分布、勝率、複勝率、回収率などを分析してみた

Pocket

ここでは横山和生騎手の成績分析を行っていきたいと思います。

勝率、複勝率、回収率はどれくらいなのか??
芝・ダートどちらが得意なのか??
得意な競馬場はどの競馬場なのか??
得意な距離は??人気で信用出来るの??

などを調べてみましたので参考にして下さい。

 

 

 

< はじめに >

 

競馬の花形であるGIで活躍するのは
一流の騎手である事が多いです。

武豊、クリストフ・ルメール、ミルコ・デムーロ
福永祐一、川田将雅、横山典弘

大活躍している騎手に関しては
特徴を把握している人が多いですが

若手騎手やリーディング下位の騎手については特徴を把握している人が少なく
またその情報も多くは表に出ていません。

という事で、このブログではそんな方のニーズに応えるべく
マイナーな騎手の特徴をまとめてみようと思います。

 

今回取り上げるのは 横山和生 です。

調べる要素としては5つです。

1.全体の勝率・複勝率・回収率
2.芝・ダート別での勝率・複勝率・回収率
3.競馬場別での勝率・複勝率・回収率
4.距離別での勝率・複勝率・回収率
5.人気での勝率・複勝率・回収率
6.脚質別での勝率・複勝率・回収率
7.馬場での勝率・複勝率・回収率
8.枠順での勝率・複勝率・回収率

競馬予想の役に立つと思いますので、是非、使って下さい。

(データは直近3年間で取っています)

 

他騎手の特徴については以下から確認して下さい。

マイナー騎手の成績分析|勝率・複勝率・回収率などを調べてみた

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 全体の勝率・複勝率・回収率について >

まずは横山和生の全体成績を見てみます。

勝率 5.1%

複勝率 16.8%

単勝回収率 97%

複勝回収率 84%

“期待値の高い騎手である”

である事と言えそうですね。

 

 



 

 

< 芝・ダート別での勝率・複勝率・回収率 >

次に横山和生の芝・ダート別での成績を見てみます。

< 芝 >

勝率 4.3%
複勝率 15.8%
単勝回収率 63%
複勝回収率 75%

< ダート >

勝率 5.6%
複勝率 17.4%
単勝回収率 119%
複勝回収率 90%

“ダートが得意な騎手である”

である事と言えそうですね。

 

 

 

 

< 競馬場別での勝率・複勝率・回収率 >

次に横山和生の競馬場別での成績を見てみます。


(芝での競馬場別成績)

 


(ダートでの競馬場別成績)

< 最も成績が良い競馬場での成績(芝) >

【函館競馬場】

勝率 3.3%
複勝率 20.0%
単勝回収率 23%
複勝回収率 124%

< 最も成績が良い競馬場での成績(ダート) >

【札幌競馬場】

勝率 13.5%
複勝率 29.7%
単勝回収率 358%
複勝回収率 122%

< 最も成績が悪い競馬場での成績(芝) >

【新潟競馬場】

勝率 7.0%
複勝率 12.3%
単勝回収率 110%
複勝回収率 48%

< 最も成績が悪い競馬場での成績(ダート) >

【中山競馬場】

勝率 4.2%
複勝率 13.0%
単勝回収率 42%
複勝回収率 50%

 

 

< 距離別での勝率・複勝率・回収率 >

次に横山和生の距離別での成績を見てみます。

< 最も成績が良い距離の成績 >

【1700~2000m】

勝率 8.0%
複勝率 20.8%
単勝回収率 168%
複勝回収率 90%

< 最も成績が悪い距離の成績 >

【1000~1300m】

勝率 4.8%
複勝率 15.3%
単勝回収率 53%
複勝回収率 64%

“中距離が得意な騎手である”

である事と言えそうですね。

 

 

< 人気別での勝率・複勝率・回収率 >

次に横山和生の人気別での成績を見てみます。

1番人気では苦戦を強いられていますが
3~10番人気の時に回収率が上がっているように

“中穴で狙える騎手である”

である事と言えそうですね。

 

< 脚質別での勝率・複勝率・回収率 >

次に横山和生の脚質別での成績を見てみます。

“差し馬での成績が平均以上である”

である事と言えそうですね。

 




 

< 重馬場での勝率・複勝率・回収率 >

次に横山和生の重馬場別での成績を見てみます。

芝コース 重馬場成績

勝率 8.3%
複勝率 16.7%
単勝回収率 53%
複勝回収率 45%

ダートコース 重馬場成績

勝率 6.8%
複勝率 10.2%
単勝回収率 122%
複勝回収率 50%

“芝の重馬場は苦手、ダートの重馬場も苦手な騎手である”

である事と言えそうですね。

 

 

< 枠順での勝率・複勝率・回収率 >

最後に横山和生の枠順別での成績を見てみます。


(芝コースでの枠順別成績)


(ダートコースでの枠順別成績)

“芝のレースは枠の得手不得手はない騎手である”

“ダートのレースは内枠が苦手、外枠が得意な騎手である”

である事と言えそうですね。

 

 


 

< まとめ >

横山和生の成績をまとめてみると

期待値 高い

芝・ダートの適性 ダート

得意な競馬場 芝:函館、ダート:札幌
苦手な競馬場 芝:新潟、ダート:中山

得意な距離 1700~2000m
苦手な距離 1000~1300m

好走率の高い人気 中穴

得意な脚質 差し・追い込み
不得意な脚質 特になし

重馬場の巧拙 芝:苦手、ダート:苦手

得意な枠順 芝:特になし、ダート:外枠
苦手な枠順 芝:特になし、ダート:内枠

競馬予想の参考にしてくださいね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

人気馬を切って、穴馬から狙うスタンスなので
普通の予想とは全く違う見解が聞けますので
是非、一度覗いてみて下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。