【フィリーズレビュー2021】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【フィリーズレビュー2021】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではフィリーズレビュー2021の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

フィリーズレビューは桜花賞のトライアルレースとなる重賞です。


(写真は2020フィリーズレビュー エーポス)

フィリーズレビューは桜花賞のトライアルレースとなる重賞です。

本番である桜花賞と比較すると200m短い距離で
阪神芝マイル戦と全く違う阪神芝1400mという舞台である事から
桜花賞への繋がりは薄いレースになっています。

 

昨年の勝ち馬エーポスは桜花賞9着と惨敗

一昨年同着で勝ち名乗りを受けたノーワン、プールヴィルは
それぞれ11着と6着と掲示板にすら入れず。

馬券絡み率は極めて低いレースなので
阪神芝1400m適性をみて馬券を買いたいですね。

 

そんなフィリーズレビュー2021にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ラヴケリー 3.7倍
ヨカヨカ 6.1倍
ララクリスティーヌ 10.9倍
エイシンヒテン 16.8倍

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

スピードが魅力の ヨカヨカ

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは果敢に逃げを打って
最後まで粘り5着に入ったヨカヨカ

初戦でモントライゼに勝利しているように
テンからMAXでスピードを発揮できるのがヨカヨカの武器

今回のフィリーズレビューは阪神ジュベナイルフィリーズより
200m距離短縮で行われる舞台なので
ヨカヨカの武器が発揮しやすいレースです。

重賞実績のある ラヴケリー

前走の黒松賞では圧倒的な人気に推されながらも
2着と敗れてしまったラヴケリー

前走は取りこぼしましたが、ファンタジーステークス3着
函館2歳ステークス3着と重賞でもきっちりと結果を残しており
黒松賞が力負けでない事は間違いありません。

過去5戦、全てのレースで3着以内を確保している安定感も武器で
今回のフィリーズレビューでも好走が期待出来ます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング