【弥生賞2021】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【弥生賞2021】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは弥生賞2021の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

弥生賞は皐月賞の最重要トライアルとなる重賞レースです。


(写真は2020弥生賞 サトノフラッグ)

弥生賞は皐月賞の最重要トライアルとなる重賞レースです。

本番である皐月賞と同じ中山芝2000mという舞台である事に加えて
レースまで十分な間隔がある事から関連性の強いレースです。

 

過去にはディープインパクト、マカヒキ、ヴィクトワールピサなど
その後GIで活躍した馬が多いのが特徴ですが

近年はホープフルステークスからの直行組や
共同通信杯からの直行ローテなどがトレンドになっている事から
弥生賞組は苦戦傾向にあります。

昨年の勝ち馬であるサトノフラッグをはじめ

メイショウテンゲン、カデナ、カミノタサハラ、コスモオオゾラ

など、それほど強くない馬も勝っているので
メンバーを見て狙いを決めたいレースですね。

 

そんな弥生賞2021にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダノンザキッド 川田 1.4倍
シュネルマイスター 6.8倍(スプリングステークスと両にらみ)
タイムトゥヘブン 三浦皇成 7.2倍
ソーヴァリアント 11.9倍
タイトルホルダー 14.0倍
レイムフロムヘブン 16.3倍
テンバガー デムーロ 21.9倍
ホウオウサンデー 23.6倍
ワンデイモア 38.9倍
タイセイドリーマー 41.2倍
ゴールデンシロップ 60.1倍
スペシャルトーク 108倍
ワンダフルタウン(出走回避)
ドゥラモンド(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

京都2歳勝ち馬 ワンダフルタウン

前走の京都2歳ステークスでは接戦を制したワンダフルタウン

父親がルーラーシップという事で距離適性や
今後の成長が期待できる馬です。

ここまでの4戦の戦いはまだクラシック級の能力を
証明するには至っていたので、
今回の弥生賞がワンダフルタウンの真価を試すレースとなります。
(出走回避)

クラシックの主役になるであろう ダノンザキッド

前走のホープフルステークスも完勝して
最優秀2歳牡馬に輝いたダノンザキッド

東スポ杯2歳ステークスも圧勝だった事に加えて
無敗でGIを制したことでまったく底が割れておらず
今年のクラシックではダノンザキッドが主役になる事は間違いありません。

それだけに弥生賞で躓くわけにはいきません。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング