日本ダービーの過去データからみる傾向分析|乗り替わりの苦戦を示す衝撃のデータはコレ!

Pocket

日本ダービーを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
日本ダービーで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は 日本ダービー ですね。

私にとってはただの3歳クラシックの1つという印象なのですが
競馬に携わる方々にとっては1年で最も大切なレースですね。

データが重要になりそうなレースですが

競馬の祭典である日本ダービーを的中するべく
日本ダービーのデータを分析していきたいと思います。

 




 

日本ダービーは東京競馬場芝2400mで行われています。

有利不利のないフラットな東京競馬場で行われるレースなので

底力と末脚の力が求められるコースになっています。

 

そんな日本ダービーを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

日本ダービー、過去10年のデータ分析

後方から差す馬は実力のある馬だけ

まず最初にいつも通り日本ダービーで
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は日本ダービーでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナー5番手以内の馬の 複勝率は22.4%

4コーナー7番手以下の馬の 複勝率は13.5%

好走率だけを見ても先行馬が有利ですが

回収率の面から見るとより先行馬有利が明らかです。

 

4コーナー5番手以内の馬の 回収率は145%

4コーナー7番手以下の馬の 回収率は32%

こんな感じですね。

 

馬券に絡んでいる馬の数は互角なんですけどね。

回収率でここまで差が出ているという事は

差し、追い込み馬は人気馬ばかりで
逃げ、先行馬は穴馬が馬券に絡んでいることが分かります。

 

一応、日本ダービーにおける過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

上がり3ハロン6位以下の馬が

【4.3.3.112】

と10頭が馬券に絡んでいます。

毎年1頭、先行馬が馬券に絡んでいるので

穴を狙うなら先行馬ですね。

 

 

内枠が圧倒的に有利!そして馬券に絡む臨戦は3パターンだけ

次に日本ダービーの枠順別成績を見てみましょう。

1,2枠の複勝回収率は125%以上

逆に7,8枠の複勝回収率は30%以下

顕著に内枠有利です。

東京芝2400mはもともと内枠有利な舞台ですが

日本ダービーは絶対に勝ちたい馬達が走るので
無理なハイペースで飛ばす事がなく

内枠で体力ロスなく走る馬が有利なレースとなります。

 

また日本ダービーに出走する馬の前走レース名別成績を見てみると

 

馬券に絡むのは皐月賞、京都新聞杯、青葉賞の3レースのみ

プリンシパルステークスから3着に入った馬が1頭いますが

この3レース以外は馬券に絡まないレースです。

その中でも20頭の馬券絡んだ馬が輩出しているのが皐月賞経由の馬

もちろんここが中心となりますが
複勝回収率は57%と低いので

皐月賞出走組でどんな馬が活躍しているのかを探っていきましょう。

 



 

皐月賞組で好走する馬はどんな馬?

日本ダービーにおける前走皐月賞に出走した馬の
皐月賞での人気別成績と着順別成績を見てみると


(皐月賞での人気別成績)


(皐月賞での着順別成績)

皐月賞で6番人気以下だった馬はほぼノーチャンス

4,5番人気だった馬も、
1~3番人気と比較すると成績は振るわず。

皐月賞で人気の馬、つまり
皐月賞前に強い競馬を見せていた実力馬が活躍しています。

 

着順を見てみると10着以下はノーチャンス

4~9着と完敗している馬も苦戦しており、皐月賞で好走している馬が、
日本ダービーでもそのままの勢いを見せていますね。

 

日本ダービーにおける前走皐月賞に出走した馬の
皐月賞での上がり3ハロン順別成績を見てみると

上がり3ハロン6位以下の馬はほぼ全滅。

持久力が求められる皐月賞と比較して
溜めての末脚が求められる日本ダービー

持久力を活かして粘り込むような馬は
苦戦している事が分かります。

馬の適性をしっかりと見ておきたいですね。

 

最後に皐月賞組の騎手別成績を見てみると

騎手が乗り替わった馬は25頭いて

馬券に絡んだのはたったの2頭

日本ダービー直前で騎手が乗り替わるような馬は

順調さを欠いてきたという事の証明でもあります。

騎手の乗り替わりはマイナス材料だと判断したいですね。

 

 

以上が日本ダービーを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

東京競馬場2400m戦という舞台で行われる日本ダービーですが

人一倍勝ちに拘るレースなので、ゆったりとした流れになりやすく、
内枠の馬、先行馬が有利になるレースです。

日本ダービーで馬券に絡むのは皐月賞、京都新聞杯、青葉賞の3レース

その中でも圧倒的な関連性を見せる皐月賞組は
前走で好走している事、人気になっていることが重要になります。

しっかりと末脚を見せている馬を狙っていきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が日本ダービー2020で注目しているのは
2400mという距離がベストマッチなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。