阪神大賞典2020の過去10年データ分析|年に一度の特殊条件を制するのは??

Pocket

阪神大賞典2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
阪神大賞典2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は阪神大賞典が行われますが

阪神大賞典と言えば ゴールドシップ ですよね。

 

有馬記念、天皇賞春、宝塚記念2回、皐月賞、菊花賞

と、GIを6勝した名馬ですが

なんとも癖のある愛くるしい馬でした。

 

個人的にはディープインパクトやロードカナロアのように
毎回完全無欠の強さを見せる馬よりも

ゴールドシップのように強いけれども癖が強くて
なんだか良く分からないところで惨敗する。

という馬の方が好きなんですよね。

 

ちなみに私がいままで競馬をやってきた中で、

一番好きな馬は マヤノトップガン です。

この馬もドラマを作ってくれた馬でしたね~

 

阪神大賞典はナリタブライアンとの
マッチレースの末に敗れていますが、強くて、印象深い馬でした。

 

という事で今回は、阪神大賞典2020のデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

阪神大賞典2020は阪神競馬場芝3000mで行われています。

年に一度、このレースでしか行われない舞台なので

パワーと距離適性が求められるコースになっています。

 

そんな阪神大賞典を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

阪神大賞典、過去10年のデータ分析

先行より差しが決まる舞台

まず最初にいつも通り阪神大賞典で
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は阪神大賞典での4コーナーでの順位別成績です。

好走率、回収率の面で前にいる馬が圧倒的に強いですが

長距離戦の4コーナーでの順位はアテになりません。

 

という事で、阪神大賞典での2コーナーでの順位別成績を見てみます。

4角5番手以内にいる馬と、5番手以下にいる馬の複勝回収率はほぼ同じ。

ただ、複勝率の面で比較してみると
5番手以下の馬の方が成績が上となっています。

ですので、活躍する馬の傾向としては

”差し馬が優勢” という形になっています。

 

次に阪神大賞典における過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

上がり1位の馬は複勝率100%

2位の馬の複勝率は88%

と、直線で脚を使えた馬が活躍しています。

 

1年で一度しかない条件である事に加えて

急坂のある阪神競馬場の直線を2回も通るレース

当然、先行した馬はバテやすくなります。

 

 

阪神大賞典で買えるのはあの馬だけ!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「ターフビジョン」

今週のメインレースは阪神大賞典

ターフビジョンでは阪神大賞典の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「ターフビジョン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ターフビジョン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

 

 

末脚勝負ならサンデーサイレンスの出番

次に阪神大賞典の種牡馬別成績を見てみましょう。

サンデーサイレンス系の中でも長距離砲として知られている
ハーツクライが質・量ともに十分な成績を残して2位

3連覇したゴールドシップの父親である
ステイゴールドが1位となっていますが

注目すべきは3位に入っているディープインパクト産駒です。

 

ディープインパクトは長距離が苦手、パワー条件が苦手な種牡馬

として知られていますが、阪神大賞典では結果を残しています。

天皇賞春の前哨戦でゆったりした流れになりやすい

という事が大きく影響していそうですね。

それ以外もゼンノロブロイ、ネオユニヴァースなどが好成績を収めており

末脚勝負に強いサンデー系種牡馬の独壇場である事が分かります。

 

ちなみに阪神大賞典における枠順別成績を見てみると

 

外枠の馬も馬券に絡んでいる数は多いですが

内枠(1,2枠)の回収率が良い点が目立ちます。

とにかくタフなレースなので、

道中脚を溜められる内目を通れる馬は
最後の伸びに直結している事が分かりますね。

 



 

ペースは遅くなっても舞台はタフな舞台

次に阪神大賞典における前走場所別成績を見てみましょう。

メイン4場の中では最もタフな舞台である
中山競馬場からの臨戦が好成績を収めており

直線が平坦な京都競馬場が最も好走率が下がっています。

 

ペースが落ち着くとはいえ、

直線で急坂のある阪神競馬場の3000mという舞台はタフな舞台です。

前走で軽い競馬をした後だと
急激な環境変化に耐えられない馬が多い

という事が分かります。

 

ちなみに前走東京出走組は6頭馬券に絡んでいますが
そのうちの5頭はダイヤモンドステークス組。

スピード、瞬発力で勝負をする中距離からの

臨戦だとさすがに厳しいものがあります。

 

おまけに阪神大賞典の人気別成績を見てみると

1番人気の複勝率は100%

2,3着も5番人気以内の馬で収まっている事が多く

波乱度の低いレースになっていると言えますね。

 

 

以上が阪神大賞典2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

阪神大賞典は年に一度しか行われない
阪神競馬場芝3000mという舞台ですが

GI前のステップレースという事で
落ち着いた流れから、末脚が活きるレースになるので

末脚勝負に強いサンデー系種牡馬は見逃せないですね。

また、スタミナをロスする長距離戦なので
体力を温存できる内枠は有利ですし

前走でタフな競馬を経験した馬に一日の長があります。

人気馬が強いレースなので、無理に穴を狙わず
馬券を買っていきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が阪神大賞典2020で注目しているのは
この舞台にばっちりと適性がありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑