ディープインパクト産駒は芝で強く、ダートで弱い【基本特性】

Pocket

ディープインパクトは芝で大活躍した馬ですが
産駒は芝とダート、どちらの方で走るのか
データを使って芝とダートの適性について話をしていきます。

 

ここではディープインパクト産駒の最も基本となる
特性について話をしたいと思います。

競馬ファンであれば上記のことは肌感覚で掴んでいることだと思いますが、
芝とダートの成績を比較してみます。

まずは芝での成績を見てみましょう。

ディープ産駒 芝成績

勝率、連対率、複勝率、複勝回収率などほとんどの数値が
芝・ダートの総合成績よりも上回っています。

対するダートでの成績を見てみると

ディープ産駒 ダート成績

全ての数値が総合成績よりも下回っています。

成績が出ていないのもさることながら、

そもそもの母数(出走頭数)が少ないので
出走させる側もディープ産駒はダートが弱いと自覚している事が分かります。

芝とダートを見比べてみると成績の差は歴然

ディープ産駒は芝でこそ活きるという事を覚えておきましょう。

 

今回話した内容以外にもディープインパクト産駒の特徴は色々とあります。

サイト内のこちらのページでは全体的な話をしているので、
興味がある方はクリックして見て下さい。

ディープインパクトの基本適性を全て解説

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。