2016年新種牡馬のディープブリランテ産駒の特徴と適性を分析

Pocket

2016年にデビューする種牡馬の中で注目の一頭

ダービー馬 ディープブリランテ

 

キャリアが日本ダービーまでの5戦しかないので
どれくらい活躍するのかという点は未知数ですが
ディープブリランテ産駒がどんな特徴と適性を持ってくるのかを
ディープブリランテの現役時代から分析して
馬券検討に役立てていきたいと思います。

 

リーディング上位種牡馬、新種牡馬など
種牡馬全体の評価・分析はこちらのページに載せていますので
以下をクリックして確認して下さい。

リーディング上位種牡馬、新種牡馬などJRA種牡馬の特徴はコチラ

 

 

まず全体の能力値ですが、それほど高くないと判断します。

 

ディープブリランテは日本ダービーを勝ちましたが
共同通信杯、皐月賞とゴールドシップに完敗

先行力と前に行って粘り込む体力は評価に値しますが
後方から差して良い脚を使えるタイプではなく
ディープインパクト産駒としては瞬発力に欠ける馬でした。

重馬場の東スポ杯を勝利するなど、パワーが全面に立ったタイプで
スピード能力としては他の種牡馬よりも一歩劣る点は否めません。

気性面では多少の荒さはあるものの大きく見れば扱いやすい馬

成績の不安定さは少なく、まとまった成績を残すことが出来るでしょう。
逆に言えば、爆発力に欠けるという事ですね。

 

距離は1600m~2400mというディープインパクト産駒の
典型とも言える根幹距離での活躍が期待できます。

 

が、この距離を得意としている種牡馬は他にも多数いるので
他の種牡馬との差別化ははかる事が出来ないのが痛いところです。

いろいろな側面から考えてみると、あまり売りのない種牡馬ではありますが
1点強調できそうなのが、重馬場適性です。

軽い馬場を得意としているディープインパクト産駒にあって
不良馬場の東スポ杯を圧勝した実績

そして、パワーを前面に出した走りを見てみると
ディープブリランテ産駒は重馬場やダートでも走れそうです。

大物の出現は期待しづらいですが
コンスタントに賞金を稼いでくれる馬の出現は期待できます。

 

まとめ

ディープブリランテ産駒が活躍するのはかなり厳しいです。

ディープインパクトを二回りくらいスケールダウンさせた形で
条件戦での非根幹距離やダート戦で少々走りそう。

大物の出現は厳しく、種牡馬としての大成は考えづらい。

 

 

かなり厳しい結論に達してしまいましたが
この結論を覆すようなディープブリランテ産駒の活躍を期待しましょう。

無料で「回収率アップ講座」というメールマガジンをやっています。
興味がある方は以下をクリックして登録して下さい。

→ メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。